ヘアスタイルについて

35歳を過ぎたらメンズファッションで心がけたい2つのポイント

こんにちは、コウヤマです。

さて、私がおしゃれを楽しむ上で一番大事にしている(念頭においている)ことを今日はお話ししたいと思います。

それは、「清潔感のあるファッションを心がける」ことです。なぜなら、私はそろそろアラフォーのおじさんに差しかかる世代だからです。学生時代など若い頃に比べると、どうしても清潔感が出にくくなってくるんです…(泣)

かく言う私も、10年前の写真と見比べるとなんだか顔が老け込んだ気がしますし、昔よりも髪のボリュームがなくなってきました。認めたくないものの、コレが加齢というものかと、最近はなんとか受け入れられるようになりましたが…。

「老ける」というとマイナスなイメージに捉えがちですが、見方を変えれば「大人のシブみを増してきた」ということ。若い世代には出ない魅力を出しやすくなってきた、と捉えればうれしいものです。

とは言え、清潔感を演出しにくくなってくるのは、まぎれもない真実。

では、どうしたら清潔感をプラスできるか。

色々と方法はあると思いますが、個人的にはファッションや髪型がポイントになってくると考えています。

 

清潔感のある髪型ってどんなもの?

あなたに似合う髪型。それは、このブログではお答えできません。

なぜなら、その人によってお顔立ちや髪の量や質・長さ、キャラクターはそれぞれなので、「コレが似合う!」なんてことはわかりません。

でも、「清潔感が出る髪型にはどんな傾向があるのか」に関しては、ある程度の最適解はあります。それは、

・長髪よりは短髪

・おでこが出ていること

・サイド(横)や襟足がスッキリしていること

この辺をおさえることで、清潔感をプラスすることができます。

(もちろん、この逆をいく方でも清潔感たっぷりな方もいますから、あくまでも傾向です)

まず、髪の長さに関しては、長ければ長いほどきれいに見せるのに工夫が必要になってきます。

余談ですが、私は元バンドマンなので、20代の頃は後ろを軽く結べるほど長かったです。

今、アラフォーの年齢になって同じ髪型をしろと言われたら、おそらく似合わなくなっている気がします。(もちろん、ロングがダメという話ではありません)

年齢を重ねれば重ねるほど、男女ともにショートヘアの方が多く、ロングヘアの方が少なくなってくるのは、清潔に見えるという点では合理的なのかなと。

私たち世代は、清潔感という観点で見れば、短めにまとめた方が圧倒的にスッキリ見せやすいでしょう。

また、爽やかにスッキリ見えるという点で、「おでこを出す」というのもポイントです。

【画像参照】https://style.nikkei.com/article/
DGXMZO23787330S7A121C1000000/

このように、おでこが出ている方が、清潔感と爽やかさを演出しやすいんですね。また、上の画像のようにサイドを襟足もスッキリさせておくことで、野暮ったさがスッキリします。
清潔感を出すヘアスタイルは、ある程度論理的に作れてしまうんです。

さらにもう一段階おしゃれに見せるなら、「髪に動きやボリュームを出すこと」で、若々しくおしゃれな雰囲気が加速します。具体的には、ワックスなど整髪料で髪に動きを出す、(職場がオーケーであれば)軽くパーマをかけるなどで、グッとおしゃれ感が加速します。

ちなみに、ツッコミが入る前に自分で書いておきますが、私は髪型がちょい長めでパーマがかかってモシャモシャしています。

コレは、「…えっと、この人はファッション関係の人なのかな…」と第三者に認識してもらうためのブランディング(というと大げさですが)のために意図的にやっています。

髪型は、清潔感を出すツールでもあり、自己表現のツールでもあり、色々なことが表現できるなあと。

 

ファッションで清潔感を演出するのは決して難しくない

髪型のポイントをお伝えしたので、次はファッションで心がけたいこと。

それは、「コーディネートの中にきれいめアイテムを投入すること」です。

コレは、私が語らずとも色々なファッションの専門家が発信していることなので、ご存知の方も少なくないかもしれません。

例えば、ジャージ、パーカー、チェックのネルシャツやダメージジーンズなど、全身をカジュアル度の高いアイテムでまとめると、どうしても私たち大人世代は幼く見えがちです。清潔感も出にくいんですね。(ネルシャツやダメージジーンズがどんな時もNGということではありませんが)

学生さんや20代くらいであれば、フレッシュさ満点なので、どんな服装をしようがサマになってしまいます。私たちアラフォー世代以降はひと工夫することで、若い世代には出せないシブみと清潔感を併せ持ったおしゃれが楽しめるのです。

服装の中に、きれいなアイテム、例えば襟付きのシャツ、ジャケット、細身のジーンズ、スラックス、レザースニーカーなどを投入してみましょう。

コーディネートの中に必ず1点はきれいなものを取り入れてみる、年齢を重ねるほどきれいめ具合を増やしていくと、バランスのとれたおしゃれが演出しやすいです。

↑ のコーディネートは、Tシャツのみだと場合によってはラフ過ぎたり子供っぽく見えることもありますが、「きれいめアイテム」であるカジュアルジャケット、細身のコットンスラックスを投入することで、清潔感と大人っぽさを追加しています。

もし、ジャケットがチェックのネルシャツで、パンツがゆったりしたベージュのチノパンだったら、清潔感という視点ではむずかしくなっていたかと思います。

余談ですが、スーツを着るときれいに見えるのは、スーツがきれいめファッションの極みだから。上から下まできれいめアイテムが身を包むわけですから、ジャージやネルシャツよりも清潔感が出るのは自然なことなんです。

とは言っても、休日にまでスーツを着るのはさすがにしんどいですから、カジュアルな服装の中に「ちょいきれいめアイテム」を取り入れるのがポイントになります。

 

まとめ

私たち、30代以降のの男性がファッションで心がけたい2つのポイントについて解説しました。

ヘアスタイルと服装のポイントをおさえることで、清潔感を演出しながら大人のおしゃれを楽しめます。

なんだか決まりごとが多いなあ…と感じた方もいるかもしれません。

たしかに、極論「ファッションは自由」ですから、好きなように服を着るのもアリです。でも、何の知識も持たないままの自由と、ある程度「こうすると上手くいきやすい」という知識を持った自由では、楽しめ方が変わってくると思うのです。

もちろん、どちらが優れていてどちらが劣っているという話ではありません。

私自身、知識を深めることでファッションをより楽しめるようになったので、今回このようにお伝えしました。

日々の洋服選びのヒントにしていただけたら幸いです。

それでは、また次の記事でお会いしましょう!

 

▪️「どんな洋服を買っていいかわからない!」コーディネーターがリサーチしたアイテムをチェック

「シンプルなファッションをしたいが、どんな洋服を選べばいいかわからない」「洋服の失敗が多い」という方のために、コーディネーターの目線でリサーチしたファッションアイテムを「note(ノート)」で毎月ご紹介しています。

詳細を見る

▪️1万人以上の方が視聴するファッション解説チャンネル

YouTubeでファッションを楽しむための思考法、揃えたいアイテム、購入品レビューなどを解説しています。おかげさまで、1万人を超える方にご視聴いただいています。

詳細を見る

 
スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. いつものスーツの着こなしを格上げする「ちょっとした」5つのチェックポイント
  2. 「似合わない」って8割くらいは思い込みかもしれない話
  3. 洋服好きの僕が旅行や出張で必ず持っていくもの2点とは?
  4. 好きな色の洋服を着たときの、気分の上がり方が尋常じゃないお話
  5. 大定番スニーカー「スタンスミス」って実はコーディネートしにくい?

関連記事

  1. ヘアスタイルについて

    洋服のコーデに悩むより、髪型を追求した方が劇的に変われる理由

    数年前、ある団体からご依頼をいただき、美容院のオーナーと一緒に「メンズ…

  2. センスを磨く思考法

    僕が朝必ずやっている1日をシャキッとさせる洋服ルーティンとは?

    休日の朝。仕事の疲れを癒すためしばらく眠る方、とりあえずスマホ…

  3. ヘアスタイルについて

    ヘアスタイルをおしゃれに変えたいと思っていても、なかなか勇気が出ない方へ

    こんにちは、コウヤマです。ヘアスタイル(髪型)はおしゃれにおい…

  4. ヘアスタイルについて

    髪型を変えたい場合に僕が美容師さんに伝えていること

    なんだか、どの洋服を着ても決まらない…。なぜだ…。そん…

スポンサーリンク

最新記事

  1. 古着・ヴィンテージ

    ナニコレ?変わり種のリーバイスのジーンズ509
  2. 今週のコーディネート

    黒スキニーだけじゃない!大人っぽく履けるおすすめボトムス3選
  3. スニーカー・革靴

    パープルソックスの足元コーデ【ビームスの靴下】
  4. 筆者のクローゼット

    何だかんだ使えるホワイトハウスコックスのメッシュベルト最強説
  5. 今週のコーディネート

    今週のコーディネート「ダッフルコートをシンプルに着てみた」
PAGE TOP