筆者のクローゼット

「服がクサイ」なんて言わせない!ate labo(アテラボ)の消臭力とは?

こんにちは、コウヤマです。

お気に入りの洋服、1日着たら洗濯すれば臭いは取れますが、セーターやジャケットにスーツなどはどうでしょうか。洗濯機にポイっと放り投げるわけにはいかないですよね。

最近はウォッシャブルのスーツやセーターもよく見かけるようになりましたが、上質な素材を使っているようなものはやはり洗うのは簡単ではありません。

特に汗をかく季節には、気になる臭い。

洗濯の生乾きだったり、タバコや体臭、飲食店などのにおいがミックスされていたり、僕も気を使うようにしています。

でも、洋服って洗えないものは洗えないんですよね。洗えたとしても、ネットで裏返して手洗いモードで、干し方も工夫して…なんて面倒な衣類も少なくありません。洗濯によるダメージも気になります。

と、洋服のにおいはしないものの、宣伝臭は満点な文章ですが(笑)、今日は僕が最高に気に入っている洋服の消臭(除菌)スプレーについてご紹介していきます。

(PR記事ではなく、純粋な僕のおすすめアイテムです)

ファッションが大好きな男女の皆さん、でも洋服のにおいなども気になる方必見です!

 

ate labo(アテラボ)の魅力とは?

衣類の除菌消臭剤というと、テレビCMでやっているような有名なものや、センスの良い洋服のセレクトショップに置いてある香り付けをするようなものをよく見かけます。

僕は昔そういったものを愛用していたのですが、「ate labo(アテラボ)」に出会ってからは、コレしか使えないカラダになってしまいました(笑)

アテラボの素敵なところは、「とにかく自然な使いごこちでにおいが取れる」こと。

香りづけをしてにおいそのものをゴマかすのではなくて、「菌に反応して水になる」そうなんです。僕は理科や化学が最高に苦手なのですが(汗)、なんだか安心な気がしますよね。

コレを洋服にかけると、ちょっぴりカルキっぽいにおいがするんですよね。で、乾くとそのにおいがなくなっていて、気になっていた臭いも消臭されるされるっていう。

今まで使っていたものは、洋服にかけたはいいんだけど、その香りで気分が悪くなっていたりしたんです。が、アテラボは一切そんなことはありませんでした。

アテラボが、誤って手や顔にかかったことがあったんですが、肌がかぶれたりも全くなかったです。(マネはしないでくださいね)

3ヶ月という消費期限があること」からも、身体や洋服により配慮していることがよくわかります。

消臭剤をかけたはいいけど、気分が悪くなったり、洋服がダメージを受けたりしたら元もこうもないですからね…。

スポンサードリンク

 

アテラボって、デリケートなスーツやセーターにかけても大丈夫?

「安全性がはるかに向上し…」とも謳っているアテラボ。

とは言いつつも、デリケート素材にかけたりするとシミになったりすることもったり…。

実際に、手持ちのデリケートな洋服にかけてみました。

まずは、東京は青山初のブランド「ヴァンドリ」のウールセーター。

このニット、素材がイタリアの高級服地ブランド「ロロピアーナ」を使用しているので、トロトロなめらかな肌ざわりでデリケートな素材です。トロトロなめらかって、なんだか料理の宣伝みたいになってきた(笑)

コレ、ヘタに洗濯機に入れて洗おうものなら、ビロンビロンに伸びてしまいそうなのですが、アテラボをかけてみたところ…。

特にシミにもならずに、においが取れました。素材の質感が変わってしまったりもないので、これは安心です。

お次は、イギリスの老舗ブランド「ジョンスメドレー 」のコットンカーディガンにかけてみるとします。質実剛健、上品な英国のセーターです。

コットン素材で、一応手洗い可にはなっていますが、とは言いつつもこちらもフワトロ素材なので、そのまま洗濯機に放り込むのは危ない…。

で、色もグレーということで、シミになってしまわないかな…。と恐れつつかけてみましたが、特にそんなこともなくにおいが取れました。

セーター大好きなんで助かるわー(笑)

さて、洗えない衣類の代表格スーツ。

最近は、スポーティーな洗えるものもリリースされていますが、一般的なウール素材のスーツは、基本的には洗えないものが多いかと思います。

今回は、ツヤのあるイタリア生地のネイビースーツにかけてみました。

先ほどのデリケートなセーター類に比べるとタフな生地感ですが、結果は…特に問題なく消臭できました。素材のツヤがなくなってしまうようなこともないので、コレは安心。

スーツは、日々着用するもので体臭や色々な場所のにおいがつきますから、どうしたって何もしなければにおってくるものです。

と言っても、頻繁にクリーニングに出すのは手間と時間とお金、全てがかかります(汗)そして、クリーニングは衣類に負担をかけることも多いので、できれば最小限にとどめた方がいいんですね。

(今回試したものは特に問題ありませんでしたが、噴射する量や素材によっては、シミになる可能性はゼロではありません。まずは、目立たない部分で試してから使うことをおすすめします。シルクや皮革には使えないようです)

 

洋服をきれいに大事に扱いたい

今回は、僕が愛用している洋服の除菌消臭剤「ate labo アテラボ」をご紹介しました。

さすが、センスの良いインポートセレクトショップが企画しただけあって、大事な洋服をいたわる気持ち、大人の清潔感を大事にする心が伝わってくるアイテムだなと感じます。

ファストファッションの台頭により、多くの方が気軽に手軽にファッションを楽しめるようになりました。

それは素晴らしいことでもあるのですが、気軽にファッションを楽しめるようになった代わりに、洋服を大事にする気持ちを忘れてしまったような気もするのです。

いったいどれだけの人が、洋服ブラシをかけたり、消臭剤にこだわったり、こだわりのハンガーに洋服をかけているのでしょうか。

もちろん、それをしない=大事にしていないということはありませんが、気軽に洋服を購入できる今だからこそ、一点一点丁寧に洋服を選んで大切に扱っていくことも大事なのではと感じます。

洋服をたくさん捨てることで、環境も汚すことにもなっていきますからね。

インポートセレクトショップ「ジオットデザイン」さんが手がける除菌消臭剤「アテラボ」

日々の洋服のケアに、取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

【アテラボオフィシャルHP】

https://www.giottostile.com/atelabo/

 

それでは、また次の記事でお会いしましょう!

 

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. ヘアスタイルをおしゃれに変えたいと思っていても、なかなか勇気が出ない方へ
  2. 【デニムが好き!】老舗ブランドリーバイスの505デッドストック
  3. 程よくおしゃれ!ざっくり素材セーターのススメ
  4. ファッションのコンフォートゾーンを打ちやぶれ!
  5. おいしそうなお料理とステキなファッションの共通項

関連記事

  1. 筆者のクローゼット

    バブアーの魅力にハマってしまう理由とは?

    オイルでベトベト、におい、保管状態によってはカビる…おまけに女性ウケも…

  2. 古着・ヴィンテージ

    【デニムが好き!】老舗ブランドリーバイスの505デッドストック

    こんにちは、コウヤマです。皆さんは、お気に入りのパンツってあり…

  3. 筆者のクローゼット

    5年の時を共にしたブルーノのネイビージャケットに思うこと

    メンズファッションにおいて、「ベーシックな持っておきたいアイテム」とし…

  4. 古着・ヴィンテージ

    上品な色落ちのフランスの風香るリーバイス501

    近頃は「デニム離れ」なんてワードをチラホラ見かけますが、ジーンズは大好…

  5. 筆者のクローゼット

    【古着の腕時計】50年の時を刻み続けたアンティークのオメガ腕時計

    本日は、僕の「愛用品紹介」のコーナーです。画像でご覧の通り「腕…

  6. 筆者のクローゼット

    【愛用品】ビームスFのコットンセーターの魅力を解説

    こんにちは、コウヤマです。このコーナーは、筆者が個人的に購入し…

スポンサーリンク

最新記事

  1. つれづれなるままに

    クローゼットの洋服整理と人生は似ていると感じた理由
  2. 古着・ヴィンテージ

    【デニムが好き!】老舗ブランドリーバイスの505デッドストック
  3. やってみた!

    【デニムの聖地】児島ジーンズストリートで本場のデニムを体感【前編】
  4. 今週のコーディネート

    冬のダッフルコートに白ニットで春を取り入れてみる【今週のコーディネート】
  5. 今週のコーディネート

    シンプルに着る!ボタンダウンシャツの2種類の着こなし
PAGE TOP