おしゃれのテクニック

【ザ・ベーシック】Tシャツとカーディガンのコーデのコツとは?

気温が上がってきた今日この頃。

そのうち暑くなってきて、半袖Tシャツで過ごすような時期がやってきます。

近年の夏は、ホントに危険なくらい暑い…。

個人的には、もちろん半袖も着ますが、夏でも長袖を着ることも多いです。

冷房が効き過ぎの場所もあれば、多少は紫外線対策にもなります。

何より、羽織があった方がTシャツ一枚よりもコーディネートが圧倒的に楽チンだからです。

そこで活躍するのが、ハイゲージのコットンカーディガン。

今日はシンプルなカーディガンの着こなしについて、個人的に考えていることをご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

毎年こんなカーディガンを着ています


https://a.r10.to/hzQ3Hx

カーディガンの便利なところは、特に春夏に羽織るだけできちんと感や清潔感が出しやすいところ。

一口にカーディガンと言っても色々ですが、春夏、そして秋口については「コットン素材のハイゲージカーディガンを愛用しています。

一般的に、春夏にコットンやリネン、秋冬にはウールのカーディガンが多くショップに並びます。

個人的に、それに準じた素材のものを着るのが、機能的にもいいのかなと。(春夏にウールのカーディガンもナシではないけど、保温性があり過ぎて個人的には暑いので…)

色については、極めてベーシックなネイビー、もしくはグレーを着ることが多いです。

丸首のセーターやカーディガンは大好きなので何着か持っているんだけど、最近よく着ているのは「ルトロワ」というフランスブランドのカーディガン。

カーディガンやボーダーニット、パーカーなどに定評があるブランドです。

「HENRI(アンリ)」というモデルのサイズ4(Mサイズ)を着用しています。

(このカーディガンは、洗うと少し縮むのでSではなくMをチョイス)

少し明るめのネイビーカラーと、大きめのボタンが気に入っています。

ハイゲージのものは、Tシャツにも羽織れるし、ビジネススタイルのインナーとしても使えるので便利なんです。

これからであれば、(職種によっては)在宅勤務なんかにも使えるかもしれません。

余談ですが、一口にネイビーカーディガンといっても、ディティールやネイビーの色味が微妙に違っていて意外と奥深いんです。

ちなみに、向かって左のネイビーカーディガンが今回のルトロワで、左は別ブランドのもの。

色々なブランドを試着してみて、ご自身のスタイルに合うものを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

 

極めてシンプルなカーディガンとTシャツの着こなし

めちゃめちゃおしゃれということもないんですが、「シンプルなカーディガン+Tシャツ」のコーデ。

これが自分の鉄板コーデです。

究極のフツースタイルなんだけど、なんだかんだ安心感があるスタイルなのです。

ただし、あまりにきちんと着るとフツー過ぎてしまうこともあるので、個人的には

・カジュアルスタイルの時はボタン全開け

・ちょろっと腕まくりで、腕には腕時計、たまにシンプルなバングルで彩りを

という点を意識してコーディネートしています。

ネイビーカーディガンに白Tであれば、ボトムスもデニム、グレースラックス、白パンなど色々と合わせられますし、着こなしに頭を悩ませることもありません。

グレーカーディガンの場合は、白Tはもちろん↑のようなカラーTシャツを合わせることも。

グレーは他の色の邪魔をしないので、ネイビーカーデよりも色の自由度は高いのです。

もちろん、ボタンを閉めるコーデもアリ。(夏は暑いかもしれませんが…)

でも、個人的には少し崩して着たいので、ボタンを一部開けて着ています。

カーディガンに無地のTシャツで物足りないと感じる場合は、プリントTシャツでちょっぴり彩りを加えてみるのもよさそうです。

プリントが入ることでコーデがカジュアルめに寄るので、例えばパンツをきれいめにしてバランスを取るのもアリ。

どこかカジュアルにしたら、どこかをきれいめにして引き締める。

このバランスを取る作業がおしゃれの醍醐味でもあり、メンドクサイところでもあります(笑)

 

 

春夏のジャケットがわりにカーディガンもいい

今回はカーディガンとTシャツのコーディネートについて、自分の考えていることについてご紹介しました。

気温が高まる今の時期から、お休みの日の軽いジャケット代わりに羽織れるカーディガン。

僕のスタンダードアイテムです。

素敵なカーディガンを探されてみてはいかがでしょうか。

それでは、今日もお読みいただきありがとうございます。

また次の記事でお会いしましょう!

 

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. もっとスローにファッションを楽しみたい
  2. メンズファッションにも色鮮やかな洋服があふれていてもいい
  3. ユニクロのセーターから見るファッションの流行とどう向き合っていくか問題
  4. スマートカジュアルってどんな服装?実際にドレスコードのあるレストランに行ってきた…
  5. 人のために服を着る、自分のために服を着る

関連記事

  1. 筆者のクローゼット

    「服がクサイ」なんて言わせない!ate labo(アテラボ)の消臭力とは?

    こんにちは、コウヤマです。お気に入りの洋服、1日着たら洗濯すれ…

  2. ネクタイを嗜む

    結び目がきれいに決まるフランコバッシのネクタイ

    こんにちは、コウヤマです。ネクタイというと、今や一年の半分はノ…

  3. おしゃれのテクニック

    黄色のニットってどうやってコーディネートしたらいいの?

    メンズファッションにおいて、秋冬に重宝するニット(セーター)。…

  4. 筆者のクローゼット

    ジョンスメドレー長袖ニットポロシャツが欠かせない理由

    今回は、僕の愛用品紹介のコーナーです。長袖のポロシャツというと…

  5. やってみた!

    ワコールのメンズ下着BROS(ブロス)の履きごこちはいかに?

    皆さん、パンツ(下着)は履いていますか?(愚問)履いているけど…

  6. 筆者のクローゼット

    【ルイズビィ】素敵なバッグで地味系ファッションにアクセントを

    僕ら男性は女性ほど荷物を持たないせいもあってか、手ブラで街を歩く方も多…

スポンサーリンク

最新記事

  1. やってみた!

    澤口眼鏡舎で人生初のオーダーメガネを作ってみた【前編】
  2. スーツ・ジャケパン

    見栄えが変わる!スーツのちょっとした着こなしチェックポイント
  3. つれづれなるままに

    もっとスローにファッションを楽しみたい
  4. ユニクロを着る

    ユニクロのヴィンテージレギュラーフィットチノがなかなか素敵だった話
  5. センスを磨く思考法

    ファッションも失敗しておかないとヤバいなと感じる理由
PAGE TOP