センスを磨く思考法

抵抗を感じる洋服、すぐあきらめる?とりあえず着てみる?

「いつも同じ服装が落ち着く」傾向がある僕ら男性。

毎日異なる洋服を着るよりは、お気に入りの型を数枚所有したりする方が安心だったりします。

全く同じ型のアイテムを2枚買いみたいな。そんな経験がある方もいらっしゃるでしょう。

とは言うものの、たまにはバリエーションをということで、いつもはチャレンジしない型の洋服を買ってみたり、着たことのないカラーに挑戦したりすることもたまにはあるかもしれません。

それに、自分のスタイルが定まっていない時は、たまにはチャレンジして自分の視野を広げてみるのも大事だと考えています。

で、

思い切って、いつもとは違った洋服を買ってみたものの、自宅に帰って鏡の前でファッションショーをしてみたら、

「うーん…やっぱりちょい派手すぎたかな…」「なんか違うかも…」

なんてことはありませんか?

僕はちょいちょいあります(汗)そんな時って、早い段階でギブアップしますか?

それとも…

スポンサードリンク

 

免疫ができていない洋服には拒否反応が出る

買ってみたものの、自宅に帰って試着し、イマイチしっくりこなかった場合。

結論から言うと、僕はなるべく何回かは頑張って着てみるようにしています。

なぜなら、普段挑戦しないようなものにはたいてい拒否反応が出るので、即座に切り捨ててしまうのはもったいない可能性があるからです。

普段着慣れている洋服はなぜ安心なのか。

当たり前のことを言いますが(笑)慣れている、つまりその洋服に対しての免疫ができているからです。

「コレは好き、安心、取り入れてオーケー」と脳がゴーサインを出しているようなイメージでしょうか。

対して、普段袖を通したことのないもの、もしくは経験が少ない洋服には、少なからず拒否反応が出るんですね。「ナンダコレ!データがありません!」みたいな。風邪の菌をやっつけるように、排除しようとする。

ただ、この時点で「これは自分には似合わない」とジャッジするのは、ちょっぴり早過ぎることもあります。

なぜなら、見慣れていないだけの可能性があるからです。

自分の話ですが、昨年鮮やかなイエローカラーのタートルネックセーターに挑戦しまして。

ショップでは「きれいな色だなあ…ちょっと派手かな…でも、なんとかイケるかな」なんて意気込んで購入したんですね。

でも、後日外出する時に袖を通してみると、「あれ…思いのほか色が明るいけど…コレ、大丈夫かな…」なんて弱腰に(笑)

そんな風に負のイメージが一つでも出てきてしまうと、次から次へと出てくるマイナスな思考…!

「ヤバイ、派手すぎる…人にジロジロ見られそう…あー、失敗だったかな…etc」

こんな時はすぐさま脱ぎたくなってしまうのですが、全力で自分を制する…。

「落ち着け……アウターを着ればあまり見えないからなんとかイケるかもしれない…」

と必死に自分を説得させて、外出するのです…。

アウターの上からはなんとか着れつつも、恥ずかしくてカフェで上着を脱がない人(笑)

そんなこんなで、なんとか外出デビュー完了。その後も慣れないなりに、徐々に着る回数を重ねていきます…。

そうすると、どこかの時点でなんだかわりと平気になってくることもあるのです。

今回の例で言えば、黄色い洋服をまとっている自分を受け入れることができたと言いますか。

そうなれば、オドオドしていた気持ちが一転して、「コレ、意外とイケてるじゃない!」なんて喜びを感じることも。

これは、即座にあきらめていたら克服できなかったと思います。

もちろん、頑張って着てみても、いつまでもしっくりこなかったり気分が乗らないものもあります。

それはそれで「コレは自分にはフィットしないんだな」ということがわかりますから、それも前進です。

この作業を繰り返していくと、徐々に徐々にセンスが研ぎ澄まされていくのだと考えています。

ただ、あきらかに厳しそうだなと初期の時点で判断することも、時には必要かもしれません。

例えば、通販でチャレンジをした時なんかは、使用してしまうと返品対象外になってしまうので注意が必要です。

僕は通販については、着用したことがないものや、普段着ることが多くないカテゴリのものは、絶対に買わないようにしています。

なぜなら、ハイリスクで失敗がある程度目に見えてしまっているからです。

サイズ感も素材感も肌触りもわからない上に、普段着ないカテゴリーやカラーの洋服。

コレは、ほぼ失敗コース確定ですから(汗)

 

イケそうな兆しがあれば、しばらく着てみるのもアリ

ということで、今回はチャレンジした洋服がしっくりこないときの僕が行っている対処法についてご紹介しました。

どうするかは人それぞれだけど、「人は自分が見慣れていないものに拒否反応が出る」ということを覚えておくのは大事かなと感じます。

今年は、僕はイエローやグリーンを着こなせるように頑張ってみようかな。

それでは、本日はここまで。

いつもお読みいただきありがとうございます。

また次の記事でお会いしましょう!

 

▪️「どんな洋服を買っていいかわからない!」コーディネーターがリサーチしたアイテムをチェック

「シンプルなファッションをしたいが、どんな洋服を選べばいいかわからない」「洋服の失敗が多い」という方のために、コーディネーターの目線でリサーチしたファッションアイテムを「note(ノート)」で毎月ご紹介しています。

詳細を見る

▪️1万人以上の方が視聴するファッション解説チャンネル

YouTubeでファッションを楽しむための思考法、揃えたいアイテム、購入品レビューなどを解説しています。おかげさまで、1万人を超える方にご視聴いただいています。

詳細を見る

 
スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. ヘアスタイルをおしゃれに変えたいと思っていても、なかなか勇気が出ない方へ
  2. スマートカジュアルってどんな服装?実際にドレスコードのあるレストランに行ってきた…
  3. 大定番スニーカー「スタンスミス」って実はコーディネートしにくい?
  4. セットアップのジャケットスタイルってキザに見える?
  5. ファッションのコンフォートゾーンを打ちやぶれ!

関連記事

  1. センスを磨く思考法

    おしゃれを楽しむ前に必ず買っておきたいアイテムとは?

    こんにちは、コウヤマです。なんとも言えない表情の画像ですが(笑…

  2. センスを磨く思考法

    ファッションも失敗しておかないとヤバいなと感じる理由

    10代の頃から換算すると、20年くらいはファッションと付き合っているん…

  3. センスを磨く思考法

    自分のスタイルづくりをするために大事なこととは?

    自分のスタイルを持っている人ってのはカッコいい。軸があるという…

  4. センスを磨く思考法

    まずは兎にも角にも試着してみたら?

    世の中はないものねだり。それはファッションにも感じていて、身長…

  5. センスを磨く思考法

    自分に何が似合うかは、ロジックよりも挑戦しかない話

    昨今は、書店に行くと「おしゃれ指南本」というジャンルが賑わいを見せてい…

  6. センスを磨く思考法

    男性目線のファッションはなぜ女性にウケないのか?

    今まで一度くらいは「女性ウケ ファッション」なんて検索したこと、ある方…

スポンサーリンク

最新記事

  1. センスを磨く思考法

    自分のスタイルづくりをするために大事なこととは?
  2. センスを磨く思考法

    バーゲンセールでお買い物するとなぜ失敗するのか?
  3. センスを磨く思考法

    ファッションも失敗しておかないとヤバいなと感じる理由
  4. 今週のコーディネート

    ネイビーシャツを使った春夏コーディネート【コーデに絶対的正解はない】
  5. 古着・ヴィンテージ

    ナニコレ?変わり種のリーバイスのジーンズ509
PAGE TOP