つれづれなるままに

「洋服がステキな人」よりも「タダのステキな人」になるには?

洋服好きの方も、これからファッションを磨こうという方も、「おしゃれになりたい」という気持ち。

多かれ少なかれ持ち合わせているのでしょうか。

幸い、今の時代はおしゃれを磨くための方法は溢れていますから、そういった意味では素敵な時代だなと感じます。

ただ、「おしゃれになる」というこの言葉。

究極的に詰めていくと、結局のところ「何をもっておしゃれとするかは人それぞれ」になってくるのかなと感じています。

もちろん、「シンプル、きれいめでコンサバティブなファッション」であれば、世の7割くらいは「おしゃれだね」なんて思ってくれるかもしれません。

ただ、「シンプルできれいめがおしゃれ」とは対極の価値観を持っている方もいます。

万人にウケるおしゃれなんてものはあり得ません。

そういった観点から考えると、「人からおしゃれと思われたい」という感情はある意味キリがないのかなと。

もちろん、僕自身、人から認められたい気持ちを持っていますし、おしゃれだとも思われたい。

ファッションに興味を持ったからこそ、出会えた素敵なコトや人もたくさんいました。

でも、おしゃれという概念は、万能でもありません。

ある程度のところまで「ファッションがそこそこ自分でコントロールできるようになったな」と感じたら、次は「自分らしさのあるファッション」の追求の方が楽しいんじゃないかって感じています。

前置きが長くなりましたが(汗)、個人的におしゃれになること以上に大事にしていることについて解説していきます。

スポンサードリンク

 

圧倒的なおしゃれ感より〇〇感

特に斬新なことは一切ないのですが(汗)、個人的にはおしゃれさ以上に「清潔感や「笑顔」の方が圧倒的に大事だなと感じています。

ここまで読んでいただいて、これだけでスミマセン…。

でも、これが本音でもあります。

なぜなら、清潔感と笑顔があるだけでも、十分に人から安心してもらえるんじゃないかって感じたからです。

普段から、色々な方のファッションを観察しています。

超絶に抜け目なくハイセンスなおしゃれな人から、洋服に興味がない方まで様々な方がいます。

冒頭で述べたとおり、究極的には「何をもっておしゃれとするかは人それぞれ」です。

ゆえに、前者(スーパーおしゃれな人)の方が印象が良くて、後者(洋服にさほど興味がない人)の方が良くないかといえば、必ずしもそんなことはありません。

むしろ、後者の方が感じがいい方もたくさんいます。(完全なる僕の主観ですが)

抜け目なくおしゃれな人でも、「なんだかとっつきにくそうだな…」って方もいるし、あまり洋服にこだわりがなくとも「ステキだなー」という方もいる。

さあ、なんでだろう…。

と考えた時に、

オシャレさと印象の良さというのは、ある程度は比例することもあるけど、関係ないこともあるってことに気づいたのです。

じゃあ、「この人、ステキだなー」と感じさせる要素って、おしゃれさ以外に何があるんだろう…。

と考えた結果、清潔感や笑顔などが人を安心させているんじゃないかって思ったのです。

 

 

ファッションで清潔感と笑顔のきっかけを作れる

じゃあ、どうやったら清潔感が出るの?

なんてお話は、次回以降のブログに書かせていただくとして、おしゃれに興味を持つことで清潔感や笑顔のきっかけは作れます。

前項で「おしゃれさは必ずしも印象の良さと比例しない」なんてことも言いました。

とは言え、程よくファッションと付き合っておしゃれに見える方は、やっぱりステキに見えるなーと個人的には感じます。

ファッションと上手に付き合って、自分の魅力を高めていく。

それに付随して、清潔感や笑顔(前向きな気持ち)ってのがついてくるんじゃないかって。

でも、

僕は、人の目や人からの評価ばかり気にして生きていても面白くないし辛くなっちゃうから、自分が楽しむことも大事だなって感じます。でも、まあ、全てはバランスだなーと感じるこの頃です。

他人に安心してもらいながら、自分も楽しめたら最高かなって。

それでは、今日はここまで。

いつもお読みいただきありがとうございます。

また次の記事でお会いしましょう!

 

▪️「どんな洋服を買っていいかわからない!」コーディネーターがリサーチしたアイテムをチェック

「シンプルなファッションをしたいが、どんな洋服を選べばいいかわからない」「洋服の失敗が多い」という方のために、コーディネーターの目線でリサーチしたファッションアイテムを「note(ノート)」で毎月ご紹介しています。

詳細を見る

▪️1万人以上の方が視聴するファッション解説チャンネル

YouTubeでファッションを楽しむための思考法、揃えたいアイテム、購入品レビューなどを解説しています。おかげさまで、1万人を超える方にご視聴いただいています。

詳細を見る

 
スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 程よくおしゃれ!ざっくり素材セーターのススメ
  2. ヘアスタイルをおしゃれに変えたいと思っていても、なかなか勇気が出ない方へ
  3. ユニクロのセーターから見るファッションの流行とどう向き合っていくか問題
  4. ファッションって着てはいけないNGアイテムってあるの?
  5. スーツの色、迷ったらネイビーとグレーどちらを選べばいいの?

関連記事

  1. センスを磨く思考法

    おしゃれになりたいならファッションの勉強はほどほどにしておいた方がいい理由

    こんにちは、コウヤマです。最近よく冒頭でお話しているような気も…

  2. つれづれなるままに

    モノ消費ってむしろ全然オワっていないと思う理由

    あらゆる分野でモノがあふれて飽和状態、現在の日本は「モノ消費よりもコト…

  3. つれづれなるままに

    全身ユニクロってアリかどうかを、個性的なユニクロUから考える

    ユニクロといえば、もはや知らない人はいないであろう国民的アパレルブラン…

  4. センスを磨く思考法

    まずは兎にも角にも試着してみたら?

    世の中はないものねだり。それはファッションにも感じていて、身長…

  5. センスを磨く思考法

    男性目線のファッションはなぜ女性にウケないのか?

    今まで一度くらいは「女性ウケ ファッション」なんて検索したこと、ある方…

  6. センスを磨く思考法

    自分のスタイルづくりをするために大事なこととは?

    自分のスタイルを持っている人ってのはカッコいい。軸があるという…

スポンサーリンク

最新記事

  1. おしゃれのテクニック

    サイズが合わないリーバイスのジーンズの裾幅を詰めてみた結果…
  2. スーツ・ジャケパン

    ノーネクタイ・スニーカー通勤の時代にスーツを着ている人について思うこと
  3. 古着・ヴィンテージ

    数十年の時を刻んだCOACHオールドコーチのレザーバッグを今の時代に身につける
  4. ユニクロを着る

    気軽に着れるユニクロソフトタッチハイネックTシャツ
  5. つれづれなるままに

    日本はおしゃれしていける場所が少ない
PAGE TOP