おしゃれのテクニック

脱ベーシックカラーしたい場合に選びたい色味とは?

イロトリドリノセカイはJUDY AND MARYが歌った曲ですが、世界は本当にイロトリドリ。

さて(笑)、メンズファッションにおいておさえておきたいカラーといえば何色が思い浮かびますか?

ネイビー、グレー、ホワイト、ブラック…

世界にはたくさんの色がありますが、男性の洋服は最低限この辺りを組み合わせれば、大きな失敗はしにくいでしょう。

街ゆくおしゃれな人を観察してみても、派手な色味を着こなしているかといえば、決してそんなことはありません。

少ない色味でシンプルに着こなされている方が多いと思います。

というところまでは、様々なファッション専門家の方がありがたい情報を発信してくださっているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

でも、世の中には、たくさんの色があります。

グリーンにイエロー、赤にパープル、ピンクなど…。

もちろん、それらを使わずともおしゃれは楽しめますが、上記のような鮮やかな色味を取り入れてみるのも、おしゃれに新しい楽しさを見出すことができます。

今日は、脱ベーシックカラーしたい場合に、どんな色味からトライすればいいのかということについて解説していきます。

 

スポンサードリンク

 

とは言え、まずはベーシックカラーは必ずおさえておく

とは言っても、鮮やかなカラーを上手に使うには、基礎(土台)が大事です。

ベーシックカラーのアイテムが揃った上で、鮮やかな色味を取り入れないと、非常にコーディネートのバランスが取りにくくなってきます。

上の画像のような、ネイビー、ブラック、白、グレー、追加するとすれば、オリーブやインディゴ、ベージュあたりを使って、鮮やかな色味なしでもコーディネートが組めるようになった上で、ビビッドなものも取り入れていく。

この手順を踏むと、イロモノアイテムがいくらかトライしやすくなるでしょう。

 

 

色モノトライのコツ①   暗めのトーンの色モノからトライしてみる

色モノを挑戦する際は、同じ色でも「明るさが控えめのもの」からトライしてみてはいかがでしょうか。

例えば、グリーンに挑戦するとしたら、↑の画像のようなダークな色味のグリーンからショップや通販で試着してみる。

なぜこういったやり方をおすすめするかというと、その方が「心理的ハードルが低いから」です。

もし、同じグリーン系でも、ガチャピンのような明るいトーンのグリーンって、なかなか着るには勇気が入りませんか?

僕自身も、真っ赤なレッドや、眩しいくらいのイエローは、試着はしても購入にまではなかなかいきません。

勇気を出して着たとしても、慣れなくてソワソワして、しまいには脱ぎたくなってきてしまうかも(汗)

そう考えると、色味が落ち着いたものから試着してみて、「コレは案外イケるかも…」なんて感じたら購入してみるのも新たな価値観を体験できるでしょう。

赤であれば、明るい赤よりもエンジ。

イエローであれば、少し暗めのマスタードカラー。(秋冬にわりと見かけます)

グリーンであれば、ダークグリーン。(深緑)

いきなり購入する必要はないので、たまに試着してみてすこーしずつ慣らしていくと、心理的ハードルが解けていくでしょう。

 

 

色モノトライのコツ②   まずは面積は狭めで徐々に慣らしていく

急に色モノを一枚で着るのはハードルが高いので、「インナーとしてさりげなく使ってみる」ことをおすすめします。

慣れないうちから、赤やら黄色やらを一枚で着るというのは、とても心理的ハードルは高いですから。

でも、ジャケットやコートなどの中に着れば、そこまで目立ちません。

ここで大事なのは、アウターやボトムスはベーシックな色味にしておくということ。

色々なところに色モノが散らばっていると、とてもガチャガチャして見えるので、まとめるのが難しくなります。

全身はシンプルな色使いで、インナーで色モノを投入する。

そうすると、インナーの色がアクセントとして効いてくれるので、着こなしとしてもおしゃれな雰囲気が加速するのです。

 

 

ただし、暗い色味がしっくりくるとも限らない

ただし、皆が皆ダークな色モノがしっくりくるとは限りません。

むしろ、明るいトーンのモノを着た方が、顔まわりが生き生きして見えたり、キャラクター的にハマる方もいます。

そういった方が逆に暗いトーンのものを着たりすると、なんだか地味に見えたり血色が悪く見えたりすることも。

余談ですが、実は僕もわりとそのタイプで、例えば暗めのイエローを着たりすると、なんだか顔色が悪そうに見えるのです。

この問題は、パーソナルカラー診断などである程度は解決できます。

ただ、診断通りのカラーを探すのもなかなか大変です。

「診断の結果で出た色味のセーター、全然ないんだけど(泣)」

なんてこともきっとあるはず。

面倒で時間はかかりますが、たくさん色んな色味のものを試着を重ねて「自分はどのくらいの色味がしっくりくるんだろう」ということを、少しずつ見極めていく作業。

これが長い目で見れば、自分の糧となっていくでしょう。

どうしても自分でジャッジが難しい場合は、ご友人やパートナー、ある程度本音で話してくれるショップスタッフさんの助言を聞きながらトライできるといいですね。

 

 

脱ベーシックカラーしなくてもいいけど、しても面白い

今回は、「脱ベーシックカラーをするための方法」のちょっとしたコツについてお送りしました。

しつこいですが、無理に色モノにチャレンジしなくても大丈夫です。

持っていなくても全く問題はありません。

ベーシックカラーだけでもおしゃれは十分に楽しめますから。

ある程度、ファッションが自由に楽しめるようになって、ちょっぴりマンネリを感じてきた時にイロモノにトライ。

こんなルートが自然かもしれません。

それでは、今日はここまで。

いつもお読みいただきありがとうございます。

また次の記事でお会いしましょう!

 

▪️「どんな洋服を買っていいかわからない!」コーディネーターがリサーチしたアイテムをチェック

「シンプルなファッションをしたいが、どんな洋服を選べばいいかわからない」「洋服の失敗が多い」という方のために、コーディネーターの目線でリサーチしたファッションアイテムを「note(ノート)」で毎月ご紹介しています。

詳細を見る

▪️1万人以上の方が視聴するファッション解説チャンネル

YouTubeでファッションを楽しむための思考法、揃えたいアイテム、購入品レビューなどを解説しています。おかげさまで、1万人を超える方にご視聴いただいています。

詳細を見る

 
スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 黄色のニットってどうやってコーディネートしたらいいの?
  2. ファッションのコンフォートゾーンを打ちやぶれ!
  3. 物(洋服)の価値は最終的には自分で決める
  4. ヘアスタイルをおしゃれに変えたいと思っていても、なかなか勇気が出ない方へ
  5. ファッションセンスを磨けるショップとの付き合い方とは?

関連記事

  1. おしゃれのテクニック

    夏コーデを2,5割り増しでおしゃれに見せるちょっとしたコツ

    こんにちは、コウヤマです。近年の夏は暑すぎる…。全裸、いや半袖…

  2. おしゃれのテクニック

    サイズが合わないリーバイスのジーンズの裾幅を詰めてみた結果…

    こんにちは、コウヤマです。普段はファストファッションや大手セレ…

  3. おしゃれのテクニック

    程よくおしゃれ!ざっくり素材セーターのススメ

    秋冬、そして春先のインナーとして大活躍するセーター(ニット)。…

  4. おしゃれのテクニック

    黄色のニットってどうやってコーディネートしたらいいの?

    メンズファッションにおいて、秋冬に重宝するニット(セーター)。…

  5. おしゃれのテクニック

    靴下選びがメンドクサイ!さりげなく履けるおしゃれな靴下3選

    靴下ってどんなものを選べば正解なんだろう…。おしゃれは好きなも…

  6. おしゃれのテクニック

    【ザ・ベーシック】Tシャツとカーディガンのコーデのコツとは?

    気温が上がってきた今日この頃。そのうち暑くなってきて、半袖Tシ…

スポンサーリンク

最新記事

  1. スーツ・ジャケパン

    いつものスーツの着こなしを格上げする「ちょっとした」5つのチェックポイント
  2. 今週のコーディネート

    今週のコーディネート「ダッフルコートをシンプルに着てみた」
  3. 筆者のクローゼット

    いつの時代も着続けたい、僕にとってのファッション三種の神器
  4. 筆者のクローゼット

    超気持ちいい!ジョンスメドレー のカーディガンを思わず着てしまう理由
  5. ユニクロを着る

    ユニクロのボリュームダウンで残りわずかの寒さを楽しむ【今週のコーディネート】
PAGE TOP