センスを磨く思考法

【好きな色を身につけよう】白・グレー・ネイビー以外も楽しもう

こんにちは、コウヤマです。

クローゼットを整理していると、「自分ってこんなアイテムばかり持ってるなー」「気づいたらクローゼット中ネイビーだらけじゃん!」なんて思うこと、ありませんか?

僕もそんな傾向はあって白やネイビーは多めなんですが、それに次いで多いのが上の画像の「グリーン」

よく言われる「ベーシックカラー」からは外れるんですが、グリーン系のアイテムを気づくと買っていたりするんですよね…。

グリーンのTシャツにグリーン(オリーブ)のカーディガン、グリーンのネクタイ…。(昔はグリーンのパンツも持っていたな…)

おそらく大自然と同化したいのかな(笑)

 

ベーシックカラーも大事だけど、「自分の好き」も大切にしたい

「メンズファッションで持つべきカラー」として、ネイビー・グレー・白・黒などが鉄板ということは、様々な媒体で語られます。

着回しの基礎となる色を揃えておくことでコーディネートしやすくなるので、これには賛成です。何事も基礎が大事ですからね。むしろ、こういったベーシックカラーのみでも十分おしゃれなコーディネートは組めるかなと。

ネイビー+ グレー

ネイビー + ホワイト

ネイビー + ブラック

ネイビーシャツにグレーのスラックス。ネイビージャケットに白デニム。ネイビーTシャツに黒のスラックス、またブラックデニム。

一例に過ぎませんが、シンプルかつ大人っぽいコーディネートがしやすいのが、ベーシックカラーの魅力です。

でも、僕はグリーンのアイテムをよく買ってしまう。

なぜか…。それは好きだから(笑)

そこに理由なんてないんですよね。

ショップで洋服を見てても、グリーンのアイテムを見つけるとついつい手にとってしまいます。「このグリーンの色味、絶妙だな」なんて笑。

そうそう、街中でたまにこういった方を見かけることがあるんですね。

ブルーのTシャツに、ブルーのスニーカーを合わせる方。

シンプルなファッションの足元に、真っ赤で派手なスニーカーを合わせる方。

一瞬、「おー、ちょい派手だなー」なんて思ったりもするのですが、同時に「この方はあの色が大好きなんだなー、イイねー、おしゃれを心から楽しんでて!」なんて感情も湧いてきます。

ファッションの基本である色を揃えるのも大切なことだと思うのですが、「自分はこの色が好きなんだ」という感情も同じように大事にしたいなあと。

ファッションって、自分を表現するツールでもありますからね。

 

時にロジカルに、時に自由にファッションを楽しみたい

おしゃれって色々な側面があります。

第三者に気持ちよく感じてもらうためのおしゃれ。

ただ、自分が大好きなものを自由に身につけたり、好きなスタイルをして気分を高めるおしゃれ。

よく「ファッションノウハウ」として語られるのが、前者を意識したものだと思います。「揃えるべきアイテム」「持つべきカラー」「ココに着ていくならコレ」など、「コレはこうした方がいい」という内容のもの。

もちろん、おしゃれを磨くには大事なノウハウだと思いますが、そこに書いてあること以外が間違いかと言ったら、そんなことはないのかなと。

例えば、好きな色があるんだったら、グリーンを着たっていいし、イエローを着たっていいし、赤を着てもいいと思うんです。

どうしても人目が気になるようであれば、色味がダークなものを選んだり、色の鮮やかさが出にくい素材を選べば比較的さりげなく着れます。(例を挙げると、グリーンであれば、明るいグリーンじゃなくてダークグリーンを選ぶ、リネンシャツなど色の出方が優しいアイテムを選ぶなどで、ある程度解決できます)

 

ファッションをロジカルに語ってくれる専門家が増えて、多くの方がファッションを楽しめるようになりました。コレは本当にステキなことだと思います。

ファッションって、ふんわりし過ぎている側面もありますし、論理的思考を大事にする男性にとってはとっつきにくいものですからね。

おしゃれを磨きたいのであれば、まずはそのノウハウを愚直に実践するのも大事だけど、心の片隅に自分が好きなものや好きな色も忘れずに置いておきたい

ブログやおしゃれ指南本に書いてあること以外にも、正解はたくさんありますからね。

もしかしたら、ファッションのノウハウが充実したことで、おしゃれを心から楽しめなくなってしまった人もいるんじゃないかなと感じ、今回こんなことを書いてみました。

というわけで、コレからも僕は大好きなグリーンのアイテムを集め続けます(笑)「あの人、いっつもグリーンばっかり着てるー」なんて言われるかもしれません。

でも、いいじゃない、好きなんだから。

それでは、また次の記事でお会いしましょう!

 

▪️「どんな洋服を買っていいかわからない!」コーディネーターがリサーチしたアイテムをチェック

「シンプルなファッションをしたいが、どんな洋服を選べばいいかわからない」「洋服の失敗が多い」という方のために、コーディネーターの目線でリサーチしたファッションアイテムを「note(ノート)」で毎月ご紹介しています。

詳細を見る

▪️1万人以上の方が視聴するファッション解説チャンネル

YouTubeでファッションを楽しむための思考法、揃えたいアイテム、購入品レビューなどを解説しています。おかげさまで、1万人を超える方にご視聴いただいています。

詳細を見る

 
スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 人のために服を着る、自分のために服を着る
  2. 黄色のニットってどうやってコーディネートしたらいいの?
  3. 合わせにくいって本当?白のスニーカーで春夏コーディネートを軽やかに
  4. 「似合わない」って8割くらいは思い込みかもしれない話
  5. えっ?結婚式に履いちゃダメなの?革靴のフォーマル度4つの見分け方

関連記事

  1. センスを磨く思考法

    バーゲンセールでお買い物するとなぜ失敗するのか?

    さて、今年も残りわずかとなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか…

  2. つれづれなるままに

    「洋服がステキな人」よりも「タダのステキな人」になるには?

    洋服好きの方も、これからファッションを磨こうという方も、「おしゃれにな…

  3. センスを磨く思考法

    僕ら男性が女性ファッションに学びたい「バランス思考」とは?

    今や女性だけではなく、男性もファッションを楽しむ時代。街を歩い…

  4. センスを磨く思考法

    【コスパとは?】苦労して買ったけど、こころを豊かにしてくれたもの

    コストパフォーマンス。洋服のみならず、さまざまな商品において多…

  5. センスを磨く思考法

    ファッションのコンフォートゾーンを打ちやぶれ!

    セレクトショップやユニクロに洋服を買いに行って、いつも自分が手に取るも…

  6. センスを磨く思考法

    無いモノねだりしなくとも僕らはスバラシイ

    今年ももうわずかということで、仕事納めでゆっくりしている方、お仕事の方…

スポンサーリンク

最新記事

  1. スニーカー・革靴

    足が痛くなるコンバースオールスター、日本製はどうなのか試してみた
  2. おしゃれのテクニック

    清潔感も意識したい!僕らアラフォー世代のTシャツの選び方
  3. スニーカー・革靴

    革靴好きの僕が考える、日本で革靴が嫌われてしまう5つの理由
  4. やってみた!

    【デニムの聖地】児島ジーンズストリートで本場のデニムを体感【前編】
  5. 今週のコーディネート

    スイングトップブルゾンを使った春秋コーディネート
PAGE TOP