古着・ヴィンテージ

上品な色落ちのフランスの風香るリーバイス501

近頃は「デニム離れ」なんてワードをチラホラ見かけますが、ジーンズは大好きでスーツやドレッシーなジャケパンの時以外は大抵履いています。

ユニクロ、アーペーセー 、リー、イタリアブランドのデニム、国内ブランドのデニムなど…今まで様々なタイプのジーンズを挑戦してきました。

それぞれに特徴や良さがあり、お国柄やブランドによって同じデニムでもここまで変わるんだ、という微差を楽しむのが好きなんです。

第三者には気付かれなくても、自分だけがわかるちょっとしたこだわりや差を楽しむのも、おしゃれの楽しみ方の一つだなと感じます。

そして、アラフォーにして戻ってきたのはリーバイス

誰もが知っている「ザ・デニムブランド」ですが、個人的には学生時代ぶりに古着のリーバイスを最近よく履いています。

(学生時代とは違って、なるべく清潔感を演出することを心がけきれいに着ることを心がけていますが)

本日は、ちょっぴりマニアックな内容ですが、変わり種?のリーバイス501をご紹介します。(僕は古着の専門家ではないので、あまりディープには掘り下げませんが…)

ご興味がありましたら、よろしければご覧ください。

スポンサードリンク

 

おしゃれの国フランスから来たリーバイス

愛用している古着のリーバイス501。

リーバイスと言えば、新品はジーンズショップであればどこでも販売していますし、古着もアメリカ製のものは大抵の古着屋さんには置いてあります。

言わずと知れた、ジーンズの定番モデルです。

今回ご紹介するのは、フランス製の501なんです。

フランスと聞くと、なんとなくおしゃれな雰囲気がするのは僕だけでしょうか(笑)

ヴィンテージ専門家の方によると、1980年代から10年間くらい製造されていたヨーロッパ規格のものとのこと。

古着屋さんでよく見かけるアメリカ製501との違いは、ざっくり言うと「シルエットと色落ちの表情」が異なります。

ヨーロッパ規格は比較的スリムなシルエット。

たしかに、同じサイズで履いてみると、アメリカ製に比べて特にお尻や太もも周りがスリムな気がします。

専門家の方に言わせると、ヨーロッパ規格の方がより日本人の体型に合いやすいようです。たしかに、アメリカ人に比べると、僕らはヒップ周りのボリュームが控えめですから納得しました。

ただ、この辺はお好みや履き方次第なので、どちらが絶対的に正解ってところではないかなと。

色落ちの具合も、両者で異なる表情です。

向かって右がアメリカ製(古着屋さんで数千円で販売されているレギュラーモデル)、左がフランス製。

(個体によると思いますが)前者は男っぽい雰囲気、後者はクリーンな色落ちと例えました。これも、完全に好みの正解ですね。

染料が違うとか言われていますが、その時代に現場で立ち会ったわけではないので、細かいことはわかりません(笑)どっちの色落ちが好きかってことだけで、いいのではないでしょうか。

では、実際にどんな具合なのか履いてみました。

 

フランス製のリーバイスを履いてみました

実際に履いてみた画像がこちら。

165cm50kgで29インチを履いています。

ジャストサイズは28インチなので1インチ大きめで履いていますが、それでも細身できれいなシルエットなのがわかります。

501というと、男らしいストレートシルエットが特徴ですが、フランス製501は細身で裾に向かって細くなっていくテーパードシルエット。

色落ちの表情については、きれいなブルーの色落ちで、男らしい色落ちをするアメリカ製とは別の顔を持っています。

きれいめな雰囲気をいかして、ジャケットスタイルにも合わせてみました。

ジーンズより、きれいなチノパンやスラックスを合わせた方がきれいには見えますが、きれいなジャケットをリーバイスで崩すようなスタイルも個人的には好みです。

ちなみに、ジャケットはパターンオーダーしたもの、タートルネックセーターはユニクロ。

ユニクロも古着もオーダーものもミックス。

それぞれに良さがあるので、僕は分け隔てなく楽しんでいます。

 

男くささをいかして履くか、クリーンに履くか

ということで、普段よりもちょっぴりマニアックな内容でしたが、今日はフランス製のリーバイス501をご紹介しました。

男らしいカッコよさがお好きであればアメリカ製のものがいいでしょうし、クリーンに履くなら今回のヨーロッパ製がいいかもしれない。

一つ言えるのは、どちらの501も味わい深いジーンズだなということです。だからこそ、今の時代まで支持されているのだなと感じます。

ただ、今回ご紹介したヨーロッパ規格の501。

そもそも生産数がアメリカ製ほど多くないので、都内の古着屋さんなどを巡っても、本当にめったに見かけません。出会えたらラッキー、そんなアイテムです。

出会うとしたら、ヨーロッパ系の古着屋さんだと思います。

個人的にとても好きなアイテムなので、今後出会えたらもう一着くらいほしいなあ…。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

また次のブログでお会いしましょう!

 

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 本当にコスパが高い洋服ってどんな服なのかを考えてみる
  2. おいしそうなお料理とステキなファッションの共通項
  3. 洋服好きの僕が旅行や出張で必ず持っていくもの2点とは?
  4. 大定番スニーカー「スタンスミス」って実はコーディネートしにくい?
  5. おしゃれになりたいならファッションの勉強はほどほどにしておいた方がいい理由

関連記事

  1. 筆者のクローゼット

    【ルイズビィ】素敵なバッグで地味系ファッションにアクセントを

    僕ら男性は女性ほど荷物を持たないせいもあってか、手ブラで街を歩く方も多…

  2. 筆者のクローゼット

    ちょこっとおでかけに!united arrows green label ×エルエルビーンのトート

    カバンのおしゃれ。男性は、女性に比べると荷物が少ないですからバ…

  3. スニーカー・革靴

    10年履ける上質な革靴を少しだけでも気軽に手に入れる方法とは?

    革靴というと、お仕事の時にスーツに合わせるモノ。そんなイメージ…

  4. 筆者のクローゼット

    時を越えて愛したいネイビーのオーダージャケット

    こんにちは、コウヤマです。今回は、個人的な愛用品をご紹介するコ…

  5. 筆者のクローゼット

    1年中クローゼットにスタンバイしている「スタメン」ボトムス(パンツ)3選プラスα

    コートやジャケットなどアウター類と比べると地味なボトムス(パンツ類)…

  6. 筆者のクローゼット

    いつの時代も着続けたい、僕にとってのファッション三種の神器

    ショップに行くと、様々なタイプの洋服がズラーっと展開されています。…

スポンサーリンク

最新記事

  1. センスを磨く思考法

    ファッションのコンフォートゾーンを打ちやぶれ!
  2. ユニクロを着る

    無印良品の白Tシャツが思いのほかよかった2つの理由
  3. センスを磨く思考法

    本当にコスパが高い洋服ってどんな服なのかを考えてみる
  4. やってみた!

    オーダーメガネがついにキタ!澤口眼鏡舎でメガネをオーダーした(後編)
  5. センスを磨く思考法

    おしゃれになりたいならファッションの勉強はほどほどにしておいた方がいい理由
PAGE TOP