センスを磨く思考法

良いスーツを着るまで全く気づかなかったこととは?

突然ですが、昔は最高にスーツが嫌いでした。

ファッションは好きだったものの、「スーツ?それは別にテキトーでいいしょ、みんな同じに見えるし…」なんて思っていました。

あとは、決して動きやすいものではないし、特に暑い季節に着るのは苦行でしかなかった。いくら涼しさをうたった春夏素材やリネンのスーツがあっても、今の日本だと暑くて仕方ないです。だって、半袖Tシャツで歩いていてもしんどいですから。

と、不満ばかり垂れ流していますが、今は夏でもネクタイをして平気で出動するくらいスーツ好きの人間になりました(笑)もちろん、暑いは暑いですが。

嫌いだったものが好きになるってのは、価値観が180度ガラッと変わるということです。それ相応の理由や出来事がないと、なかなかそんなことは起こりません。

なぜ、スーツが好きになったか。

それは、「良いスーツに触れたことで、今までは気づかなかったスーツの魅力に気づいた」からです。

「良いスーツ」とは人によって意味合いはそれぞれですが、僕の場合は「昔着ていたスーツよりも、ちょっぴり背伸びして選んだスーツ」のことを指します。50万円の高級スーツではありません(笑)そもそも買えませんし…。

嫌いだったスーツのどこに魅力を感じて、スーツの魅力に目覚めていったのか、今日は解説していきます。

スポンサードリンク

 

良いスーツを着て初めて気づいたこと

良いスーツを着て初めて気づいたことは、自分の体がたくましくきれいに見えるということ。

なんだ、それだけ?

と感じるかもしれませんが、それによって意外にもセルフイメージが高まったり、気分がワクワクしてきたりするんです。少なくとも、僕はそう感じました。

コレに気づくようになったのには、ある出来事がきっかけだったんです。

昔々、僕は百貨店勤務をしていました。

おしゃれに気を使わなければならない職場でした。でも、「スーツってみんな同じに見えるじゃん…」と思っていたので、スーツに投資しようという考えは当時持っていなかったんです。

とは言っても着なければいけなかったので、百貨店のスーツの催事で1着1万円台のスーツを買ったり、たまに奮発してスーツセレクトやスーツカンパニーで2,3万円のものを購入していました。

ある時、百貨店から革靴の販売に仕事を移ることになりました。

その直前にたまたま店内で「オーダースーツの催事」をやっていることに気づいて、「職場も変わるし、心機一転奮発してオーダーでもしてみるかな…」なんてオーダースーツ(パターンオーダー)を思い切って作ったんです。

はじめてのオーダースーツ体験。当時は知識もそれほどなく、ディテールもお任せでオーダーしたネイビーのストライプスーツ。

出来上がりは、「おーっ、よくわからんけど、今まで着ていたものよりフィットしてるかも…」なんて印象でした。

この時点で大きく価値観が変わった…なんてこともなく(笑)正直大きな違いは感じませんでした。

その後、何かの節目節目でオーダースーツやビームスなどセレクトショップのスーツを着るようになって、「昔着ていたスーツに比べると、なんだか自分がカッコよく見える」とジワジワ感じ始めたんです。

ちなみに、なぜスーツにお金をかけ始めたかというと、当時の革靴屋さんの店長がおしゃれにシビアな方だったから(汗)いつも、遠回しにありがたいファッションチェックを受け、たまに一緒にスーツを買いに行くこともありました。

おかげさまでセンスは磨かせていただけたのですが、お店で着るスーツを買い、革靴を買いで家計が火の車でした(泣)

服を買いすぎて生活費が尽きる…アパレルあるあるです(笑)

(それでも、その店長にはセンスを磨かせていただき非常に感謝していますが)

脱線しましたが、

この「カッコよく見える」という感覚。

それが何かを分析してみると、体によりフィットしていることや、体がたくましく見えることだと気づいたのです。(他にもありますが)

(少々マニアックですが、こだわりのあるブランドは、欧米人に比べて体の線が細い日本人が少しでもたくましく見えるために、ジャケットに工夫をこらしています。僕のようなガリガリ体型でも、ソコソコ体格がよく見えたりするんです)

これが意外とバカにできなくて、自分がいつもよりピシッと見えることで、気分がシャキッとしたり、自信が湧いてきたりしたんです。

そこから、「ファッションは私服だけおしゃれだったらいいやと思っていたけど、スーツのおしゃれも案外楽しいな」という思いが徐々に大きくなりました。

「じゃあ、ネクタイはどんなものがあるのかな?シャツはどうしよう?」なんて、興味が湧き出したのです。

それで、今に至ります(だいぶ端折りましたが笑)

もちろん、オーダースーツやセレクトショップのスーツが全て良いというつもりはありませんし、一概にお金をかければいいというものでもありません。

お金をかけてオーダーしたって微妙な仕上がりになることもありますし、リーズナブルに揃えたってバシッと素敵なスーツスタイルを作れます。

しかし、普段は手に取らないようなものにあえて挑戦をしたことで、新しい発見がたくさんあった。

そして、「スーツなんてどれも変わらないじゃん」とバカにしていましたが、細かな違いを感じ取れるようになった。

これがなにより喜びでした。

でも、スーツのおしゃれにもハマってしまったので、ファッション費が余計にかさむことになってしまいましたが、職業柄仕方のないことです(苦笑)

 

時代的には下火なスーツですが…

と、長々と自分のエピソードを語ってしまいましたが、そんな経緯もあり、今ではスーツのおしゃれも楽しんでいます。

興味がなかったことが好きになるのは、ファッションだけではなく、さまざまなことに言えるなーと感じます。

例えば、僕には「生魚が苦手な知人」がいるのですが、ある時彼が都合で海沿いの地域に引っ越したんです。

昔は、お寿司やお刺身をほぼ食べれなかったようなのですが、海沿いの鮮度が抜群にいいお魚を食べるようになってから、生魚が大好きになってしまったそうなんです。

そんな話を思い出しました。

海沿いって、都会に比べると鮮度のいいお魚がリーズナブルに食べれるからいいなあ。まあ、スーツも最終セールで買えば半額くらいになるから一緒か(笑)

 

今現在の自分の「イヤ・苦手」って本当にイヤで苦手なのか、一度疑ってみてもいいかもしれません。もちろん、嫌いなものや苦手なものを無理に好きになる必要もありませんが…。

ビジネスウェアとしては下火なスーツですが、僕はこれからも楽しみ続けたいと感じています。

今日はここまで。

いつもお読みいただきありがとうございます。

また次のブログでお会いしましょう!

 

▪️「どんな洋服を買っていいかわからない!」コーディネーターがリサーチしたアイテムをチェック

「シンプルなファッションをしたいが、どんな洋服を選べばいいかわからない」「洋服の失敗が多い」という方のために、コーディネーターの目線でリサーチしたファッションアイテムを「note(ノート)」で毎月ご紹介しています。

詳細を見る

▪️1万人以上の方が視聴するファッション解説チャンネル

YouTubeでファッションを楽しむための思考法、揃えたいアイテム、購入品レビューなどを解説しています。おかげさまで、1万人を超える方にご視聴いただいています。

詳細を見る

 
スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. ファッションって着てはいけないNGアイテムってあるの?
  2. 物(洋服)の価値は最終的には自分で決める
  3. ファッションも失敗しておかないとヤバいなと感じる理由
  4. 黄色のニットってどうやってコーディネートしたらいいの?
  5. 古着で「上質を知る」という選択

関連記事

  1. センスを磨く思考法

    若々しくありたい僕がファッションで必ずこころがけていること

    サイゼリアに行くとパルマ風スパゲティ、ミスタードーナツに行くとハニーオ…

  2. センスを磨く思考法

    物(洋服)の価値は最終的には自分で決める

    ファッションに関わらず、「その道の専門家がおすすめしているもの」って魅…

  3. センスを磨く思考法

    短足って本当にカッコ悪いことなのか?冷静に考えてみた

    こんにちは、コウヤマです。学生時代に、短足と言われたり陰口で「…

  4. センスを磨く思考法

    洋服のお買い物をする際に、いらぬ失敗をしないため気をつけていること6選

    自分にフィットした洋服を買うのってムズカシイ。買ったのにも関わ…

  5. センスを磨く思考法

    おしゃれを楽しむ前に必ず買っておきたいアイテムとは?

    こんにちは、コウヤマです。なんとも言えない表情の画像ですが(笑…

  6. センスを磨く思考法

    ムダで失敗だったお買い物経験がボクらを育てる

    お買い物の失敗って、洋服に関わらず誰もが何かしらでしたことはあると思い…

スポンサーリンク

最新記事

  1. 筆者のクローゼット

    やっぱり僕の定番「アーペーセーのニュースタンダード」ジーンズ
  2. つれづれなるままに

    noteで「お家でも着ているユニクロ」記事をアップしました
  3. 古着・ヴィンテージ

    【マイ定番】古着のリーバイス501のブラックデニムがアツい!
  4. 今週のコーディネート

    夏セールで購入したセーターで秋コーディネートしてみた
  5. おしゃれのテクニック

    コートの袖の長さっていったいどれくらいが適正なの?【意外と大事】
PAGE TOP