センスを磨く思考法

おしゃれなユニクロがあるのに、なぜ人はセレクトショップの服にお金を払うのか?

先日、ユニクロでワークシャツを購入しました。

昔からオリーブカラーのシャツが好きだったのですが、今回のモデルはなかなか素敵だったので、検討の上購入。

暑い今の時期から、腕まくりをして着ようかなと考えています。

ユニクロは、きちんと選べば素敵なアイテムがありますし、常々チェックしているブランドです。

セレクトショップのアイテムに比べるとだいぶ気軽に手に取れて、「コレがこの価格なの?すごいなー」なんて驚くこともしばしばあります。

そんなユニクロファンの僕ですが、ファストファッションだけではなく、セレクトショップでもお買い物をします。(妻に要相談ですが…苦笑)

セレクトショップというと、そのブランドのオリジナル商品や、バイヤーが選んだ国内外のこだわりブランドがミックスされているショップです。

大手だと、ユナイテッドアローズやビームスなどが有名ですね。

置いてあるアイテムのカテゴリーはユニクロとさほど変わりませんが、価格帯はだいぶ異なります。

洋服に対する価値観は人それぞれですが、「高い」と感じる方もいらっしゃるでしょう。

一方、「いや、価値あるものだからコレくらいはするでしょ」と考える人もいます。(そこに正解も間違いもありませんが…)

今はファストファッションで十分おしゃれが楽しめる時代ですが、だからといってセレクトショップで洋服が売れないかといえば、必ずしもそんなことはありません。

なぜ人は洋服に投資をするのか。

自分なりの考えをまとめてみました。

(洋服のディティールなど、細かい話はありませんのでご了承ください)

スポンサードリンク

 

セレクトショップの洋服と、お料理は一緒なんじゃないか

ファストファッションでおしゃれを楽しめる時代に、セレクトショップの洋服を着る人がいなくならない理由。

それは、「感動の度合いが大きいから」だと考えています。

老舗ブランドやこだわりのあるデザイナーがクリエイトした洋服は、袖を通した際に圧倒的に気分が高揚するんです。そして、自分が素敵に見えてきます。

「なんかコレを着ている自分、かっこいいかも…笑」

何言ってんだ…と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、おしゃれ好きなら共感していただける方もいるのではないかと思います。

一言で言うなれば、着ると感動する

ファストファッションの服も感動はするんです。でも、どちらかというと「コレ、コスパ高いなー!」というコストパフォーマンスに対する感動が大きいかもしれません。

(ファストファッションも、別の視点ではかなりこだわっていますが)

素敵な洋服に袖を通した感動は、おいしいものを食べた時の感動と似ているなーと感じます。

(例えば、僕はパスタが好きで、大手チェーンのサイゼリアに行くことがあります。「パ◯マ風スパゲティ」が好きなんです。パスタの後は、コーヒーゼリーやティラミスなどが欠かせません(笑)

コスパ最高だし、フツーにおいしい。

一方、人と一緒に食事をする際などは、路地裏の個人経営のイタリアンに行くこともあります。

どちらもそれぞれおいしいんですよね。

でも、どちらが「感動」が大きいかというと…個人的には後者かなと感じます。

前者もおいしいには変わりないのですが、後者は「うまーーーっ!オーマイコンブっ!」って感じですかね(懐)

なぜ、感動の度合いが大きいのか。

それは、後者のお店のオーナーの「こだわりが並みじゃない」からと考えました。

こだわりのある食材やオリーブオイルの選定、イタリアで修行してきた調理方法、美しい食器や内装など…。1つ1つのこだわりが合わさって、一口食べた時に、おいしさの感動がドッと押し寄せる。

(もちろん、大手チェーンもこだわっていることは間違いありませんが、こだわりのベクトルが多少違うのかなと)

コレって、セレクトショップの洋服を着た際の感覚とちょっぴり似ていると感じたんです。

だから、コレだけファストファッションが世に浸透していても、セレクトショップで洋服を楽しむ人もいる。

そこには、こだわりと熱量のある洋服に袖を通した時の感動があるからだと感じました。

 

こだわりに感動したい

極論、何に投資して何に投資しないかは、それぞれの価値観です。

ファッションにお金をかける人もいれば、食に惜しまない人もいるし、好きなバンドやアイドルに使う人もいる。

どんな分野でも、こだわりと熱意を持った人が作ったプロダクトってのは、人を感動させる力があると改めて感じました。

ファストファッションでおしゃれを楽しむのも面白いけど、洋服好きとして、それ以外の洋服の魅力も伝えていきたい。

こんな風に思います。

今日もお読みいただきありがとうございます!

それでは、また次の記事でお会いしましょう^^

 

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. いつの時代も着続けたい、僕にとってのファッション三種の神器
  2. おしゃれになりたいならファッションの勉強はほどほどにしておいた方がいい理由
  3. 【デニムが好き!】老舗ブランドリーバイスの505デッドストック
  4. おしゃれなユニクロがあるのに、なぜ人はセレクトショップの服にお金を払うのか?
  5. 本当にコスパが高い洋服ってどんな服なのかを考えてみる

関連記事

  1. センスを磨く思考法

    おいしそうなお料理とステキなファッションの共通項

    ファッションメディアなのにオムライス(笑)まあ、たまには食レポ…

  2. センスを磨く思考法

    僕が朝必ずやっている1日をシャキッとさせる洋服ルーティンとは?

    休日の朝。仕事の疲れを癒すためしばらく眠る方、とりあえずスマホ…

  3. つれづれなるままに

    「洋服がステキな人」よりも「タダのステキな人」になるには?

    洋服好きの方も、これからファッションを磨こうという方も、「おしゃれにな…

  4. ユニクロを着る

    ユニクロU2019秋冬のブロードストライプシャツの着まわし力が最高な件

    ここ数年、ユニクロとフランスのブランド「ルメール」のコラボ「ユニクロU…

  5. センスを磨く思考法

    短足って本当にカッコ悪いことなのか?冷静に考えてみた

    こんにちは、コウヤマです。学生時代に、短足と言われたり陰口で「…

  6. センスを磨く思考法

    良いスーツを着るまで全く気づかなかったこととは?

    突然ですが、昔は最高にスーツが嫌いでした。ファッションは好きだ…

スポンサーリンク

最新記事

  1. センスを磨く思考法

    無いモノねだりしなくとも僕らはスバラシイ
  2. つれづれなるままに

    noteでたまにコラムを書いています【本日は宣伝でござる】
  3. 今週のコーディネート

    Tシャツの着丈ってどれくらいの長さがちょうどいいのか問題について考える
  4. おしゃれのテクニック

    サイズが合わないリーバイスのジーンズの裾幅を詰めてみた結果…
  5. 筆者のクローゼット

    【ルイズビィ】素敵なバッグで地味系ファッションにアクセントを
PAGE TOP