筆者のクローゼット

超気持ちいい!ジョンスメドレー のカーディガンを思わず着てしまう理由

こんにちは、コウヤマです。

暑かったり涼しかったり優柔不断な気候が続いていますが、半袖Tシャツ一枚だと時に寒かったりしますよね。

そんな時に重宝するのが、カーディガン。温度調節のみならず、羽織ることで肌の露出が少なくなります。Tシャツ一枚のみでは心もとない、僕ら大人世代にも重宝するアイテムです。

今回着用したのは、イギリスの老舗ブランド「ジョンスメドレー 」のカーディガン。コットン素材で春夏を中心に活躍します。

カラーは、いつもネイビーを選んでしまいがちなので(汗)、意識的にグレーを選びました。

ご覧の通り、何の変哲もないフツーのカーディガンです。もしかしたら、ユニクロやジーユーにも似たようなものが置いてあるかもしれません。

僕も「コレ、別にファストファッションでも買えるのにどうしてこんなに価格がするの…?」と思っていました、昔は…。

今や、様々なセレクトショップや百貨店で取り扱いがあるジョンスメドレー。フツーなのに、なぜコレほどにも愛されているのかをレビューしていきます。

 

ジョンスメドレーのカーディガンがフツーだけどフツーではない理由

ジョンスメドレーのニット類の素晴らしいところは、「フツーでいてエレガント感と着心地が非常に素晴らしい」ということです。

まずは、袖を通すと素材の良さがジワジワと伝わってきます。

もちろん、ファストファッションブランドのものも、あの価格にして素晴らしい素材を使っていますが、それともレベルが違います。とにかく上品な雰囲気が漂う。

素材が良いものを着ると、僕ら大人にどんな影響があるかというと、清潔感を補ってくれたり、年齢を重ねることによって出てきたシブみを引き立ててくれます。

若い頃は、若さゆえに何を着てもサマになりますが、歳を重ねてくると、なんだかしっくりこなくなる洋服も出てきます。そこで、僕らは「素材の力」を借りることで、より品の良さを演出できるんですね。

自分自身、本来ファッションは年齢で区切るものではないという考えです。

が、歳を重ねるにつれ自分の外見・内面が変化していくことを考えると、それに応じて価値観も徐々に変化させていくことが大事なのかなと感じています。

 

素材の良さからくる「着心地」も魅力です。

今回ご紹介しているコットンカーディガン、袖を通すと「超気持ちいい!」という肌触りの良さ。(なぜか北島康介さん風)

肌に触れた時のなめらか感がハンパありません。カーディガンは他にも持っているのですが、コレばかり着てしまうんです、気持ちいいから(笑)

大人になればなるほどカッコよさも大事ですが、同時に着心地や快適性も大切な要素だなと感じます。

昔は、素材が悪かろうと動きにくかろうと、おしゃれのために着ていたものもありますが、今はもうイヤです(笑)

カッコよくて着やすい、どちらも満たしているものがいいなあと。

素材の良さ、着心地のみならず、シルエットもきれいなんです。こんな風にシンプルに合わせています。抽象的な表現ですが、英国ブランドらしい真面目さ、質実剛健な雰囲気を感じます。

カジュアルファッションのみならず、スーツスタイルの羽織として使うことも可能。

内勤であれば、このまま仕事するのもアリですし、スーツのジャケットを着てカーディガンをベスト(ジレ)っぽく見立てたレイヤードスタイルも素敵です。

カジュアル感が高めなカーディガンであれば、こんなビジネススタイルに合わせるには難しいですが、ジョンスメドレーのきれいな雰囲気であればビジネス・カジュアルと兼用できるのも魅力です。

 

でも、ジョンスメにも欠点はあります…

と、ジョンスメドレーの魅力をツラツラと書いてきました。

僕自身ジョンスメのファンで、カーディガンのみならずコットンの長袖ポロシャツや、秋冬のウールの丸首セーターなども持っています。

気軽に手を出しにくいプライスではあるのですが(汗)、自分は通年ニット類を多用するので投資する価値はあるなと考え、毎回思い切って購入しています。

「長く大事使おう」なんて思っているのですが、価格がするものが必ず長持ちするかといったら、それは必ずしもYESとは言えないんですよね…。

個人的にある程度長い期間使って感じたことですが、

ジョンスメドレーに関して、ウールのセーターはファストファッションのものに比べると毛玉になりにくいです。この辺は、さすがジョンスメといったところでしょうか。

で、今回ご紹介したコットンのカーディガンに関しては、僕の使い方が荒かったのか、使用半年くらいで少々毛玉が目立つようになりました。

また、コットンに関しては、素材の特性上ウールに比べて生地の復元力が少ないため、腕まくりを繰り返していると、袖まわりがビロンビロンに伸びて戻らなくなります…。袖を伸ばして着る時に、ちょいルーズに見えるかもしれません。

まあ、僕はカーディガンは基本腕まくりをして着るのでいいのですが。

着用したら、1日2日は休ませる、できれば一度着るごとに洋服ブラシでブラッシングしてあげると、きれいな状態が保ちやすいでしょう。(ジョンスメに限らず、ニット類は全て)

ケア方法に関しては、基本は洋服ブラシでシーズン終わりに信頼のおけるクリーニング屋さんに持っていくのが安全かなと感じます。

ただ、クリーニングも洋服にとっていいことばかりではないので、僕はあまりクリーニングには出しませんが…。

 

洋服も生きている

と、デメリットも色々とありますが、基本的な洋服のケアができていれば、ソコソコ長く付き合えるものではないかと感じます。

上質な洋服は、自分に多くのものをもたらしてくれます。

必ずしも長持ちはしませんし、ケアも大事です。一見面倒に感じるかもしれませんが、要は人間や動物、植物と同じなのかなと。

ケアをせずに休まずたくさん着続ければ、すぐにボロボロになってしまいます。

植物は、水をやらなければ枯れてしまうし、水をあげ過ぎれば根腐りしてしまいます。

人間で例えれば、休みを取らずに働き続ければ、心身ともに疲れてダウンしてしまう、ケアしなければしまいには病気になる。これと同じことです。

人もモノも皆生きていて、ケアをする思いやりが大事なのではないかと考えるこの頃です。

と、最後は脱線しましたが、ジョンスメドレーのニットを本日はご紹介しました。

それでは、また次の記事でお会いしましょう!

 

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. えっ?結婚式に履いちゃダメなの?革靴のフォーマル度4つの見分け方
  2. おしゃれなユニクロがあるのに、なぜ人はセレクトショップの服にお金を払うのか?
  3. スーツの色、迷ったらネイビーとグレーどちらを選べばいいの?
  4. 本当にコスパが高い洋服ってどんな服なのかを考えてみる
  5. 【デニムが好き!】老舗ブランドリーバイスの505デッドストック

関連記事

  1. 古着・ヴィンテージ

    数十年の時を刻んだCOACHオールドコーチのレザーバッグを今の時代に身につける

    今回は、「筆者のクローゼット」コーナーということである鞄のご紹介です。…

  2. 筆者のクローゼット

    ちょこっとおでかけに!united arrows green label ×エルエルビーンのトート

    カバンのおしゃれ。男性は、女性に比べると荷物が少ないですからバ…

  3. 筆者のクローゼット

    ヘインズジャパンフィットTシャツ 新品と6ヶ月使い込んだものを比べてみた

    Tシャツというと、メンズファッションにおいては定番アイテム。持…

  4. 筆者のクローゼット

    こなれた雰囲気が出るバンドカラーシャツを着こなしに取り入れてみる

    「シャツ」といえば、男性であれば何かしらのアイテムは持っていると思いま…

  5. 筆者のクローゼット

    トゥモローランドの定番おすすめニットをレビューしてみる

    最高気温30℃超えの日が続きますが、秋冬のお買い物をしてまいりました。…

  6. 筆者のクローゼット

    いつの時代も着続けたい、僕にとってのファッション三種の神器

    ショップに行くと、様々なタイプの洋服がズラーっと展開されています。…

スポンサーリンク

最新記事

  1. センスを磨く思考法

    【コスパとは?】苦労して買ったけど、こころを豊かにしてくれたもの
  2. センスを磨く思考法

    自分のスタイルづくりをするために大事なこととは?
  3. スニーカー・革靴

    足が痛くなるコンバースオールスター、日本製はどうなのか試してみた
  4. 今週のコーディネート

    僕のトレンチコートのカジュアルな着こなし方とは?【今週のコーディネート】
  5. センスを磨く思考法

    短足って本当にカッコ悪いことなのか?冷静に考えてみた
PAGE TOP