センスを磨く思考法

物(洋服)の価値は最終的には自分で決める

ファッションに関わらず、「その道の専門家がおすすめしているもの」って魅力を感じる方が多いと思います。

例えば、プロの料理人が選ぶおすすめのイタリアンのお店や、選りすぐりの食材。

プロミュージシャンがこぞって使う、フェンダーのエレキギター。

ファッションのプロがおすすめする、オールデンやクロケットジョーンズの革靴に、バブアー、リーバイスなど。

その道のプロがおすすめするものは、自分たちよりも「その道に関しての圧倒的な経験や知見があるから」こそ、説得力や安心感があります。

また、古くから続いている老舗ブランドのアイテムは、今まで続いてきただけあって、素敵なプロダクトも少なくありません。

実際に手にとってみることで、「あの人がおすすめしていただけあって素晴らしいアイテムだな」なんて感じたり、「さすが、100年以上続いているわけだな…」なんて納得したりします。

今の時代はプロが発する情報をスマホですぐにゲットできますし、センスをショートカットして磨ける素敵な時代です。

でも、「プロのおすすめ」も「長く続く老舗ブランド」も、どちらも「自分以外の誰かが決めた価値観でしかない」という視点を持つこともできます。

自分が本来持っている素の感覚も大事にしていきたいと思うのです。

もちろん、自分だけの価値観だと、どうしても視野が狭くなってしまいがちです。プロのおすすめなど「他人の価値観」を自分に取り入れることで、新たな知見や経験を得ることができます。

「あー、こんなアイテムもあったんだ、意外といいかもしれない」

「もっと早く知りたかったなあ…」

こんな感想は、自分の殻にこもっているだけではなかなかできない経験かと思います。

ただ、プロのおすすめや老舗ブランドが必ずしも全てがいいとは限りません。

そのプロと自分は趣向が合わなかったりすることもありますし、革靴を履かないライフスタイルの人に、いくらオールデンやクロケットジョーンズの魅力を語っても、あまり得るものはないのかなとも感じます。

↑は、先日ブログでご紹介した「ユニクロU」のモックネックセーターです。

 

コレをおすすめしているファッション専門家の方はあまり見かけませんし、お店に行ってもあまり売れている感じはしません。おそらく年明けあたりに大幅値下げして、在庫を売り切るんじゃないかなって予想しています。

おそらく世間的には「気にとめるほどでもないただのセーター」なんでしょう。「ユニクロ?つまらんね…」なんて思う方もいるはずです。

でも、個人的にはかなりの名作セーターだと思っています。

着心地、使い勝手の良さ、雰囲気、非常に気に入っていて、最近はコレばかり着ています。

老舗ブランド「ジョンスメドレー」のセーターも持っていますが、コチラの方が今は圧倒的に活躍しています。なんなら、ボロボロになってほしくないので、もう一着同じものを買っとこうかななんて(笑)

洋服選びでもレストラン選びでも、自分が何を選んでいいのかさっぱりわからない状態であれば、プロの意見を参考にすることは非常に有効だと感じます。失敗が少ない道でショートカットできますから。

でも、ある程度見る目が付いてきたら、その時は本来自分が持っている感覚を大事にしてモノ選びしてもいいんじゃないかって思います。

プロがおすすめしなくとも、老舗でなくとも、自分が気に入っていれば安かろうと高かろうと、どちらでもいいじゃんって。

その自分の感覚が、「自分ならではの味」になっていくような気がしてなりません。

他人が良いといった人生よりも、自分が良いと思う人生を歩んだ方が楽しいと思うんです。ちょっと大げさかもしれませんが…。

もちろん、自分だけの感覚では考えが偏ってしまうこともあるので、第三者の意見を取り入れるのも大事だと思います。ただ、それだけになってしまうと、本来の自分の色ってのは薄くなってしまう。

自分の感覚も忘れずに大事にしながら、自分の外側にある価値観も取り入れて上手にミックスしていく。

そうすることで、ファッション、そしてファッション以外もさらに楽しくなってくるんじゃないかなって感じます。

本日は、少々読みにくいブログでしたが、最後までお読みいただきありがとうございます。

また次のブログでお会いしましょう!

 

▪️「どんな洋服を買っていいかわからない!」コーディネーターがリサーチしたアイテムをチェック

「シンプルなファッションをしたいが、どんな洋服を選べばいいかわからない」「洋服の失敗が多い」という方のために、コーディネーターの目線でリサーチしたファッションアイテムを「note(ノート)」で毎月ご紹介しています。

詳細を見る

▪️1万人以上の方が視聴するファッション解説チャンネル

YouTubeでファッションを楽しむための思考法、揃えたいアイテム、購入品レビューなどを解説しています。おかげさまで、1万人を超える方にご視聴いただいています。

詳細を見る

 
スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. メンズファッションにも色鮮やかな洋服があふれていてもいい
  2. えっ?結婚式に履いちゃダメなの?革靴のフォーマル度4つの見分け方
  3. 【デニムが好き!】老舗ブランドリーバイスの505デッドストック
  4. セットアップのジャケットスタイルってキザに見える?
  5. 洋服好きの僕が旅行や出張で必ず持っていくもの2点とは?

関連記事

  1. センスを磨く思考法

    ファッションって着てはいけないNGアイテムってあるの?

    こんにちは、コウヤマです。上の画像のジージャン、個人的に最高に…

  2. センスを磨く思考法

    おいしそうなお料理とステキなファッションの共通項

    ファッションメディアなのにオムライス(笑)まあ、たまには食レポ…

  3. センスを磨く思考法

    ムダで失敗だったお買い物経験がボクらを育てる

    お買い物の失敗って、洋服に関わらず誰もが何かしらでしたことはあると思い…

  4. センスを磨く思考法

    【必読!】白洲正子のおしゃれー心を磨く88の言葉

    先日、町田市の武相荘を訪れたというブログを書きました。…

  5. センスを磨く思考法

    良いスーツを着るまで全く気づかなかったこととは?

    突然ですが、昔は最高にスーツが嫌いでした。ファッションは好きだ…

  6. センスを磨く思考法

    自分の「スタイル」をつくるには?

    11月に入り、電車に乗ったり街中を歩いていると、ようやくネクタイをして…

スポンサーリンク

最新記事

  1. 筆者のクローゼット

    【デニムワークス】倉敷は児島発ベティスミスジーンズがあなどれなかった話
  2. 古着・ヴィンテージ

    上品な色落ちのフランスの風香るリーバイス501
  3. 筆者のクローゼット

    いつの時代も着続けたい、僕にとってのファッション三種の神器
  4. 古着・ヴィンテージ

    古着のパーカーに思いを馳せる理由
  5. スニーカー・革靴

    10年履ける上質な革靴を少しだけでも気軽に手に入れる方法とは?
PAGE TOP