センスを磨く思考法

ファッションに「自分らしさ」を出すには?

洋服の楽しみ方ってのは人それぞれですが、僕自身は常々「自分とはなんぞや?」という問いを持ちながらおしゃれを楽しんでいます。

今の時代は、自分からゴリゴリ洋服を探さずとも、様々なファッション専門家の方が「コレがおすすめ!アレはNG!」ということを動画やSNSを通して教えてくれます。

そのおかげで、おしゃれをこれから始めようと思っている方にはとても助かる時代になりました。

ファッションが、洋服好きだけの楽しみではなくなってきたような気もします。ファッションの民主化といってもいいかもしれません。

これを機に、おしゃれを楽しめる方が増え、洋服も売れるようになって、販売側と購入側が共に幸せになれたら最高だなって感じています。

スポンサードリンク

 

「自分の場合は?」という問いを常に持ってみるのもいい

ファッションがそれなりに楽しくなってきたら、次は「オリジナリティの追求」をしてみるのも面白いかもしれません。

ファッションでもスポーツでもお仕事でも、なんでもそうだと感じているのですが、何かを上達させたい場合、まずは「模倣」から入ることが大切だなと個人的には感じています。

右も左もわからない時は、当てもなくやり方を探すよりは、自分にフィットした師を探して、まずは色々とマネてみる。

例えば、スタイリストさんやファッションブロガーさんの本を買ってみて、ノウハウを知って、どんなアイテムを揃えたらいいのか、本に沿って実践していく。

模倣する中で、基礎ができ上がっていくというイメージでしょうか。

本だけではなくて、最近ではその方々がYouTubeをやっていたりするので、彼らがおすすめするアイテムなんかを買ってみるなんてことも経験値になるでしょう。

ここまででも、十分おしゃれは楽しめますし、人から「おしゃれですね!」なんて言われることもあるかと思います。

書いていて、今ってホントにファッションを楽しみやすい環境になったなと再確認しました、コレはすごいって…。

さて。

ここからは、さらにもう一歩、他の人とより差別化を図りたい場合、自分らしさを追求したい場合のお話。

そんな時は、基礎がある適度固まってきたところで、「自分の視点」で洋服を探したり挑戦してみるという作業が大切になってきます。

もしくは、今まで頼りにしていた師から一旦離れてみて、別の師のノウハウを取り入れてみたり、利用しているショップをほんのり変えてみる(大きく変えるのはコワイのでまずはほんのり)というのも、新しい風を自分に吹き込んでくれるはずです。

ファッションは性質上、いかなる時もコレが正解!なんてモノはそうそうありません。

自分の敬愛する方のノウハウやおすすめ品は、間違いなく自分の大事な糧になると思います。

でも、そこに「自分らしさの全て」があるのかはわかりませんし、一旦新たな風を自分に吹かせてみることで、「自分ってもしかしたら、こっちの方がしっくりきてるかも!」なんて新発見があるかもしれません。

もちろん、新しいものを取り入れたことで逆に失敗することも多々あると思いますが、それも大事な気づき。

「自分にはコレがフィットしなかった」という経験は、ある意味自分らしさに一歩近づくことになるからです。

自分が似合うものを探すのもいいけど、失敗し続けると似合わないものが大抵わかってくる。見方を変えてみると、似合わないものがわかることで、似合うものが炙り出されていく、そんな感じでしょうか。

 

失敗という名の前向きな挑戦を

本日は、非常に抽象的な内容で、伝えたいことが伝わっているかどうか不安ですが(汗)、「自分らしいファッションをするには?」というテーマでお話させていただきました。

ただ一つ、自分でハッキリ言えることは、「失敗したら色々なことがわかった」ってことです。

今の時代は、ファッションにしても「失敗しないためのノウハウ」がたくさんあって、とても助かるなと感じます。

やっぱり、僕自身ビビリで失敗はコワいし、できればしたくないと思っています。

でも、失敗した後から振り返ってみると、難なく成功した時よりも失敗した時の方が学びは多かったんじゃないかって感じました。

日々挑戦、自戒の念も込めて書いてみました。

いつもお読みいただきありがとうございます。

また次の記事でお会いしましょう!

 

▪️「どんな洋服を買っていいかわからない!」コーディネーターがリサーチしたアイテムをチェック

「シンプルなファッションをしたいが、どんな洋服を選べばいいかわからない」「洋服の失敗が多い」という方のために、コーディネーターの目線でリサーチしたファッションアイテムを「note(ノート)」で毎月ご紹介しています。

詳細を見る

▪️1万人以上の方が視聴するファッション解説チャンネル

YouTubeでファッションを楽しむための思考法、揃えたいアイテム、購入品レビューなどを解説しています。おかげさまで、1万人を超える方にご視聴いただいています。

詳細を見る

 
スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. ヘアスタイルをおしゃれに変えたいと思っていても、なかなか勇気が出ない方へ
  2. スマートカジュアルってどんな服装?実際にドレスコードのあるレストランに行ってきた…
  3. 【デニムが好き!】老舗ブランドリーバイスの505デッドストック
  4. 古着で「上質を知る」という選択
  5. いつの時代も着続けたい、僕にとってのファッション三種の神器

関連記事

  1. つれづれなるままに

    洋服にそんなに多くのバリエーションは必要か?【好きなものに囲まれたい】

    家にいる時間が増え、自宅のクローゼットの整理、断捨離をする方も、もしか…

  2. センスを磨く思考法

    良いスーツを着るまで全く気づかなかったこととは?

    突然ですが、昔は最高にスーツが嫌いでした。ファッションは好きだ…

  3. センスを磨く思考法

    僕ら男性が女性ファッションに学びたい「バランス思考」とは?

    今や女性だけではなく、男性もファッションを楽しむ時代。街を歩い…

  4. センスを磨く思考法

    ファッションを楽しむ前に絶対に理解しなければいけないこと

    こんにちは、コウヤマです。ファッションがお好きな方、これからフ…

  5. センスを磨く思考法

    ジョンスメドレーのニットポロシャツが手放せない理由【永遠のスタンダード】

    同じ洋服の中でも、結果的にワンシーズンしか着なかったものもあれば、何年…

  6. センスを磨く思考法

    自分に何が似合うかは、ロジックよりも挑戦しかない話

    昨今は、書店に行くと「おしゃれ指南本」というジャンルが賑わいを見せてい…

スポンサーリンク

最新記事

  1. センスを磨く思考法

    おしゃれを楽しむ前に必ず買っておきたいアイテムとは?
  2. おしゃれのテクニック

    ファッションセンスを磨けるショップとの付き合い方とは?
  3. 古着・ヴィンテージ

    数十年の時を刻んだCOACHオールドコーチのレザーバッグを今の時代に身につける
  4. ヘアスタイルについて

    35歳を過ぎたらメンズファッションで心がけたい2つのポイント
  5. 筆者のクローゼット

    時を越えて愛したいネイビーのオーダージャケット
PAGE TOP