執筆者プロフィール

メンズファッションブログ「服と生きる〜fukuto-ikiru〜」に訪問していただき、誠にありがとうございます。

ざっくりですが、執筆者である私のプロフィールをまとめましたのでご覧いただけると幸いです。

ユウスケ  コウヤマ

販売職や教育関係の職を経て、2016年個人向けスタイリストとして独立。経営者や士業等専門家のブランディングの一環としてのファッションスタイリング、ラジオ等メディア出演や執筆活動、YouTubeファッション解説など、多岐にわたりメンズファッションのノウハウを伝える。

やり過ぎない地味過ぎないシンプルなファッション提案、異性からの目線も意識したコーディネート、ビジネスファッションにおいては、仕事がデキそうに見えるスタイルなどに定評がある。

現在は、スタイリストとしての活動は一旦終了し、ファッションライターや別業種のクリエイターとしても活動中。

趣味は、旅行とバンド演奏(ベーシストです)

好きな食べ物は甘いもの、スイーツ男子、ならぬスイーツおじさん笑

たかが洋服のことですが、ファッションには自分の自信や気分を高めたり、日々の暮らしをより豊かにしてくれる力があります。

 

でも、元々ファッションはどうでもよかった…

と、メンズファッションの専門家を語っていますが、実は昔はファッションを気にすることなく生きてきました。洋服って、とりあえずは着れればオーケーですからね。

学生時代に、おしゃれな友人に「なんでそんなダサいTシャツ着てんの?」なんて言われることもありましたが…。さらに言うと、「あー、あの太ったヤツね…」なんて陰口を叩かれることも。

色々罵られていた私にも運良くパートナーができて、ある日ショップに一緒に買い物に行く機会がありました。(たしか、マルイに買い物に行ったような記憶があります)

「コレが似合うんじゃない?」と、今までは着てこなかったような洋服をすすめられたんですね。当時は洋服の選び方も全くわからなかったし、逆らうとコワイので、とりあえず言う通りにしておこう(笑)ということで、言われるがままに洋服を着ていました。

そこである日、突然女性の友人からある一言を言われたのです…。

「最近、おしゃれだよねー」

これまでの人生で一度も言われたことがなかったワード

「おしゃれ」

以前、男性の知人に「ダサい」とまで言われていたので、意外でしかありませんでした。

シンプルにうれしかったし、「アレ…自分って、もしかしたらダサくないのかもしれない…?」なんて、ちょっとした希望を持つことができるようになったのです。

今じっくり振り返ると、おしゃれに興味がない時代から、潜在的には「本当はおしゃれになりたかったし、かっこよくなりたかった」のだと思うのです。本当にファッションに興味がなかったら、うれしいだなんて気持ちは抱かないと思うから。

当時からバンドを組んでいて、憧れのスターのようになりたいとは思っていたので、「おしゃれだね」という言葉は本当にうれしかった。

ファッションっていいなって心から感じた瞬間でした。

 

一見フツーだけど、フツー過ぎても面白くない。さりげなく目立ち素敵に見えるファッションが好き

ファッションというと色々なジャンルがありますが、私は「シンプルでコンサバティブなファッション」を楽しむための発信をしています。

ファッションは自由であり、どんな洋服をどのように着るのもオーケーです。

様々な考え方があり、色々なジャンルの服装がありますから、「コレが絶対的に正解!」なんてファッションはこの世には存在しません。

私が個人向けスタイリングや、オンライン上でお客さんの声を聞いてきてわかったことがあります。それは、「多くの男性は、ファッション雑誌に掲載されているような、センス抜群のファッショニスタになりたいわけではない」ということです。

ダサいとは言われたくないけど、とびっきりのおしゃれになりたいわけでもない。普通の格好なんだけど、ちょっぴりセンスを感じる。こんな塩梅のシンプルなファッションが求められていると感じたのです。

私自身が、シンプルな服装を好むという理由もあるのですが、こういった理由でシンプルだけどセンスを感じる。こんなファッション提案をしています。

でも、フツー過ぎても埋もれてしまう。フツーをベースにしながら、なんだかカッコいい。そんなファッションを目指しています。

 

たかが洋服だけど、生活を豊かにしてくれる力もある

私は一方で、「自分に自信が持てるようになる、一緒にいる人から喜んでもらえるファッション」という視点を大事にしています。

自分もカッコよくなって、人にも「おしゃれだね!」喜んでもらえたら、双方にとって最高じゃないですか。

今までアドバイスを行った方の中にも、「ファッションを変えて服装を褒められることが増えた」「いつもダサいと言われていた娘にファッションをはじめて褒められた」など、喜びの声をいただいてきました。

ファッションは自分のためにもあり、人のためにもある。

これが私がファッションを楽しむ上で大事にしている考えです。

また、ファッションを楽しむ方が増えれば、洋服の購入が増えアパレル業界にも微力ながら貢献できるのではと考えています。ファッションを通して、私たち消費する側だけでなく、業界も一緒に豊かになっていけたら最高だなと。

「今日は、ここに行ってこの人と会うから、洋服はコレとコレにしようかな…」なんてファッションを楽しむ方が増えてほしい。日本に洋服を楽しむ文化をもっと広めていきたい。

まじめにこんな風に思っています。

「最近おしゃれが楽しくなってきた」という方へ、「こんな楽しみ方もあるよ」ということをご提案したい

おしゃれのノウハウも発信しますが、こちらのブログでは、

「誰トク?」と思うような私独自のファッション思考やノウハウ

・私が愛用しているファッションアイテムやこだわり

ファッションとは関係ない雑記

なども書いていきます。

今やおしゃれを学ぶための情報は、ネットに溢れていますから、僕が発信せずとも、スタイリストや、ファッションディレクター、ファッションブロガーの方などが良質な情報を発信してくださっています。

僕は僕なりの、その方々とはちょっぴり異なる視点でのブログを展開していけたらと考えています。もちろん、おしゃれを楽しむ上での最低限の知識も大事だと思いますが、本来おしゃれは自由に楽しむという側面もあります。

「最近おしゃれが楽しくなってきた」「ちょっぴり人との違いを出していきたい」という方への、楽しみ方提案ということでも発信していきたいと考えています。

と、まじめに語ってきましたが(笑)、あまりオカタイブログにするのもイヤなので(汗)、あまり肩の力を入れ過ぎずに、雑誌をパラっとめくるような感覚で気軽に楽しんでいただければと思います。

 

全ての方に楽しんでもらえるブログではありません

プロフィールをここまでお読みいただきありがとうございます。

というわけで、こんな価値観で情報発信をしています。

大前提として、ファッションは様々な価値観があるため、全ての方に楽しんでいただけるような情報は発信できません。

ファッションは、基本どう楽しもうがその方の自由です。楽しみ方は人それぞれですから。ただ、楽しみ方によっては、私のブログ内容がフィットしない方もいらっしゃると思います。

ここまでお読みいただいて、「ちょっと面白そうだな…」「これは共感できる!」という方に、お読みいただければ幸いです。

 

服と仲良く生きていく

洋服に興味があろうとなかろうと、全裸で出歩くわけにもいきませんので(汗)一生付き合っていく洋服。

どうせなら、洋服を着る楽しさ、喜びを感じながら着た方が日々の生活も楽しくなると考えています。

このブログを通して、おしゃれをするのがさらに楽しくなってくださったら幸いです。

服と共に生きていく。

ファッションアドバイザー  ユウスケ コウヤマ

 

※当ブログの画像は、リンク先を掲載しているものや一部のフリー素材を除き、全てオリジナル画像です。無断での使用は固くおことわりします。

 

▪️コーディネーターが選ぶおすすめ月刊ファッションアイテムマガジン

「シンプルなファッションをしたいが、どんな洋服を選べばいいかわからない」「洋服の失敗が多い」という方のために、コーディネーターの目線でリサーチしたファッションアイテムを「note(ノート)」で毎月ご紹介しています。

詳細を見る

▪️1万人以上の方が視聴するファッション解説チャンネル

YouTubeでファッションを楽しむための思考法、揃えたいアイテム、購入品レビューなどを解説しています。おかげさまで、1万人を超える方にご視聴いただいています。

詳細を見る

スポンサーリンク
  1. つれづれなるままに

    一生モノだと思って買ったけど、一生モノになかなかならない理由
  2. おしゃれのテクニック

    程よくおしゃれ!ざっくり素材セーターのススメ
  3. 今週のコーディネート

    シンプルに着る!ボタンダウンシャツの2種類の着こなし
  4. つれづれなるままに

    もっとスローにファッションを楽しみたい
  5. つれづれなるままに

    クローゼットの洋服整理と人生は似ていると感じた理由
PAGE TOP