センスを磨く思考法

ユニクロのセーターから見るファッションの流行とどう向き合っていくか問題

こんにちは、コウヤマです。

先日、撮影の際に半袖のクルーネックニット(セーター)を着用したコーディネートを撮影しました。

ここ数年、ジワジワと増えてきているアイテムで、半袖Tシャツに比べると素材がニットな分、きれいな雰囲気で着れるスグレモノなんです。今回着用したのは、今年の春に購入した「ユニクロU(ユニクロとルメールのコラボライン)」のもの。

適度にゆったりした今っぽいシルエットのセーターで、ユニクロUのアイテム発表の時点から「コレは買おう!」と思っていたアイテムでした。

 

定番ファッションアイテムっていつの時代も変わらない?

今回はアイテム自慢をしたいわけではなく(汗)、ユニクロUのニットを着用してふと感じたことをシェアしたいなと思ったのです。

それは「時代の流れに応じて同じアイテムでも変わっていく

ということ。

実はコーデで着用したユニクロUのセーター、数年前にほぼ同じアイテムをリリースしていて、その時も購入しているんです。

↑(少々画像が荒いですが)、こちらが数年前にリリースされた同型のユニクロUの半袖クルーネックセーター。

↑ それに対して、こちらが2019年春夏リリースされたもの。どちらもSサイズを着用しています。

同サイズにも関わらず前者はわりとタイト、後者は気持ちゆったりサイズ。身幅が少々ゆったりしたかな?というのと、袖は明らかに2019年の方が長めですね。

どちらがおしゃれと見るかは、個々の価値観によって答えはそれぞれですが、「ファッション業界的な今っぽさ」という点では、後者の方が新鮮に見えるかなと。

ユニクロ側がどういった判断でサイジングを変えてリリースしたかというのはわかりませんが、個人的には「世の流行に合わせてきた」と読んでいます。

ここ数年、ファッション業界の流れとしてはビッグシルエットの傾向が強いので、ユニクロUがそれに合わせてきたのでしょう。

 

ここで出てくるのが「流行って取り入れた方がいいの?入れなくていいの?」ということ。

僕はほどよく、適度に取り入れるくらいがちょうどいいかなと考えています。

でも、取り入れてもいいし、取り入れなくてもいいです(笑)

と肩透かしなことを言いましたが(汗)、ご自身のファッションに対する捉え方次第で解答は変わるものだと考えています。

例えば、自分が好きなものを自由に着れればいい、他者目線は気にしないということであれば、流行は取り入れなくてもいいんじゃないかなと。

大前提として、ファッションは自由ですからね。

他者目線も考慮したおしゃれをしたい、新鮮な気分も楽しみたいということであれば、多少なりとも流行を取り入れた方がいいですね。

ただ、「どの流行を取り入れて、どれを取り入れないかの取捨選択」はした方がいいです。

自分にフィットしない、または着ていて落ち着かない流行を取り入れてもいいことはありませんから。

 

個人的な考えとしては、先述したように「適度に流行と付き合っていく」というスタンスでファッションと付き合っています。

時が経てば、自分の見た目も思考も少しずつ変わっていきますし、それに応じて適度に時代に応じたファッションをした方が、フレッシュな見た目でいられると考えているからです。

例えば、10年20年前のテレビ番組を今の時代に見ると、出演者のファッションやヘアスタイルがなんだか古臭く見えることってありませんか?

時が経つにつれて、「何がカッコいいか?」という価値観も変わりますし、多少なりとも時代に順応していった方が、おしゃれには見られると思うんです。

ただ、「普遍的なカッコよさ」もあるので、その辺はバランス次第ですが。

流行におどさられたり(むしろ一緒におどったり)、スルーしておどらなかったりケースバイケースで楽しんでいます。元もこうもないような答えですが、ファッションってそんなものだったりもしますから。

 

いつも同じような服装をしているおしゃれ人も意外と…

では、実際におしゃれな人たちはどうしているかというと、「一見ぱっと見ではわからないようなところで流行を取り入れている」方も少なくありません。

例えば、ビッグシルエットが流行っているとして、明らかに大きいサイズのTシャツやセーターを取り入れるのではなく、ちょっとだけゆったりめのものを楽しんだり。

スーツでいえば、一見あまりわからないんだけど、ちょっぴりパンツの太さを変えたり、裾の長さや幅を変えたり、地味なところで差別化をしながら時代に適応していっているんですね。

(FORZA STYLEなどでおなじみのファッションディレクター干場義雅さんなんかは、このタイプかなと感じます)

でも、流行全部盛りかというと、決してそんなことはなく、自分に必要だと思わない流行は一切取り入れないし、流行っていなくとも「コレが自分のスタイルだ」というものは貫いている方が多い気がします。

どの流行をどの程度取り入れて、どれは取り入れずにスルーするか。

こればかりは、チャレンジして学ぶほかありません。

どの食べ物が美味しいかマズイかは、実際に食べてみないとわかりませんから。

 

ほんのりアップデートしてみるのもいい

家電話やポケベルからスマートフォンへ。

有人改札から交通系ICやスマホ決済へ。

メールからラインへ。

時代と共に、僕らの使うツールは変わっていきます。

ファッションはそれと全部同じとは言いませんが、適度に時代性を取り入れながら楽しみたいと考えるこの頃です。

とは言いながらも、「流行なんてカンケーねえ!」なんてスタイルでおしゃれな方もいるので、そんな方も素敵だなーと思いますが。

それでは、また次の記事でお会いしましょう!

 

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 洋服好きの僕が旅行や出張で必ず持っていくもの2点とは?
  2. いつものスーツの着こなしを格上げする「ちょっとした」5つのチェックポイント
  3. ユニクロのセーターから見るファッションの流行とどう向き合っていくか問題
  4. 合わせにくいって本当?白のスニーカーで春夏コーディネートを軽やかに
  5. おしゃれになりたいならファッションの勉強はほどほどにしておいた方がいい理由

関連記事

  1. センスを磨く思考法

    「似合わない」って8割くらいは思い込みかもしれない話

    自分が着る洋服は、全て自分のみの判断で選んでいるかというと、そうでない…

  2. センスを磨く思考法

    無いモノねだりしなくとも僕らはスバラシイ

    今年ももうわずかということで、仕事納めでゆっくりしている方、お仕事の方…

  3. センスを磨く思考法

    自分の「スタイル」をつくるには?

    11月に入り、電車に乗ったり街中を歩いていると、ようやくネクタイをして…

  4. センスを磨く思考法

    男性目線のファッションはなぜ女性にウケないのか?

    今まで一度くらいは「女性ウケ ファッション」なんて検索したこと、ある方…

  5. センスを磨く思考法

    まずは兎にも角にも試着してみたら?

    世の中はないものねだり。それはファッションにも感じていて、身長…

  6. センスを磨く思考法

    ジョンスメドレーのニットポロシャツが手放せない理由【永遠のスタンダード】

    同じ洋服の中でも、結果的にワンシーズンしか着なかったものもあれば、何年…

スポンサーリンク

最新記事

  1. 今週のコーディネート

    ネイビーシャツを使った春夏コーディネート【コーデに絶対的正解はない】
  2. スーツ・ジャケパン

    これで安心!スーツとネクタイの組み合わせ基本の「き」
  3. ネクタイを嗜む

    ナニコレ?一風変わったビームスのネクタイでおしゃれを楽しむ
  4. ヘアスタイルについて

    ヘアスタイルをおしゃれに変えたいと思っていても、なかなか勇気が出ない方へ
  5. 今週のコーディネート

    コートの着丈ってどれくらいがちょうどいいんだろう問題
PAGE TOP