おしゃれのテクニック

長方形サコッシュの3つの便利な持ち方とは?

サコッシュは、若い世代を中心に数年前から広がりを見せている肩がけのバッグです。元々、自転車由来の鞄なので、両手をふさがずに持てるというのも素敵なところ。

我々アラフォー世代の人間からすると、

サコッシュ?学生が持つヤツでしょ?

ってイメージかもしれません。たしかに、若い世代を中心として広がったのでそんな印象なんだと思います。

ただ、絶対に僕ら大人が使えないかというとそんなことはないし、アイテム選びや持ち方次第かなと。(それ以前に、好きだったら持てばいいし、そうでなければスルーでいいと思いますが)

サコッシュにしろウエストバッグにしろ、小型かつ両手を空けることができます。休日にちょっことお出かけする際なんかにはちょうどいいんです。

僕が好きなクラシカルなジャケットスタイルには難しいですが(汗)、Tシャツなどラフなスタイルの際に愛用しています。

で、長方形のサコッシュに関して言えば、本来の使い方以外にも使用法を見つけたんです。

ということで、サコッシュの3つの利用法について今日はご紹介していきます。

スポンサードリンク

①本来のサコッシュの持ち方【肩がけで使う】

まずは、ノーマルに肩がけで使う。これ以上でもこれ以下でもありません(笑)多くの方がこの持ち方だと思います。

両手が空くという大きなメリットと、肩がけすることでスポーティーな雰囲気が出ます。このくらいの大きさだと、必要最小限の荷物(スマホ、小型財布、ハンカチ、イヤホン…など)が入って、すぐに取り出せるのでとにかく便利。

あとは、単純にコレを好きと思えるかどうかですね。抵抗のある方は、サコッシュよりウエストバッグの方が落ち着くかもしれません。

個人的には、アウトドアのレジャーに行く時なんかは本当に重宝しています。

 

②サコッシュの紐を外してクラッチバッグとして使う

サコッシュの紐を外して、↑のようにクラッチバッグとして持つのもアリです。長方形という形を生かした持ち方ですが、コレが個人的になかなか気に入っています。

肩がけに比べると、かなりイメージが変わったかと思います。肩がけは、スポーティーな雰囲気でしたが、手持ちすることできれいめな雰囲気が加速しました。

もちろん、レザー素材のクラッチバッグに比べるとカジュアルな印象ですが、肩肘張らない感じがちょうどいいかなと感じます。

クラッチをカッコよく持ちたいならレザー、ゆるーく持ちたいならこんな持ち方、のような使い分けもいいかもしれない。この持ち方であれば、ジャージージャケットのようなカジュアルジャケットでもハマりそうです。

余談ですが、ここまでの持ち方を見てお気づきになった方もいるかもしれません。

肩がけの鞄はカジュアル寄り、手持ちの鞄はフォーマル寄りなんて傾向があります。

例えば、リュック、ウエストバッグ、サコッシュなどは、カジュアルなバッグ。

ブリーフケースや、レザークラッチバッグなどはドレス(きれいめ)寄り。

もちろん、素材などによって例外はありますが、大まかにはそんな傾向があります。

③旅行用の化粧ポーチとして使う

長方形のサコッシュを買ってみたものの、しっくりこなかった、飽きてしまったという場合は、旅行用の化粧ポーチとして再利用するのもアリかなと。

小型のワックスやジェルなど整髪料を入れたり、化粧水や毛抜きキットを入れたりして使う。で、旅行用鞄に入れておく。

または、大きめなトートバッグなどのセカンドバッグとして、そのまま入れておくのもいいかもしれません。ちょっとした書類や手帳をまとめて入れてもいいいし、アイディアで色々な使い方ができそうです。

全部バラバラで入れておくと、鞄の中がごちゃごちゃしてしまいますから、小さなバッグにまとめておくのもよさそう。

 

アイディア次第で色々使えるサコッシュ

今日は、長方形サコッシュの3つの使用法について書いてみました。

色々なバッグがありますが、どんなバッグを持つか。それをどのように持つかで、ファッションの見え方って変わってくるなと。

同じサコッシュでも肩がけするか、クラッチのように手持ちするかでイメージはだいぶ変わります。

トートバッグなんかも同じかなと。手持ちするのか、肩にかけるかで思いのほか印象って変わります。楽チンなのは肩がけですが(笑)

ちなみに、今回使用したのはファストファッションブランド「ジーユー」のサコッシュです。さりげないボタニカル柄がアクセントになってくれるので、気に入っています。(ちなみに、紐は無印良品のサコッシュのものと付け替えています)

「とりあえずちょっと試してみたい」なんて時に、気軽に手に取れる。ファストファッションの素敵なところの一つだと感じます。

サコッシュに関わらず、色々な鞄がありますから、シチュエーションに分けて使い分けていきたいと考えるこの頃です。

とは言いながらも、お気に入りのものがあると、そればかり使っちゃうんですけど(笑)

今日もお読みいただきありがとうございます。

それでは、次のブログでお会いしましょう!

 

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 洋服好きの僕が旅行や出張で必ず持っていくもの2点とは?
  2. いつの時代も着続けたい、僕にとってのファッション三種の神器
  3. 古着で「上質を知る」という選択
  4. ファッションって着てはいけないNGアイテムってあるの?
  5. スーツの色、迷ったらネイビーとグレーどちらを選べばいいの?

関連記事

  1. おしゃれのテクニック

    僕らおじさん世代のファッションに足りない「ある色」とは?

    こんにちは、コウヤマです。今の時代は、メンズファッションに関す…

  2. おしゃれのテクニック

    コートの袖の長さっていったいどれくらいが適正なの?【意外と大事】

    ようやく寒さが増してきまして、コートを活躍させ始めている方も多いと思い…

  3. おしゃれのテクニック

    清潔感も意識したい!僕らアラフォー世代のTシャツの選び方

    こんにちは、コウヤマです。暑い夏到来ということで、半袖Tシャツ…

  4. おしゃれのテクニック

    洋服を試着をした際に、おしゃれな人かわかる「あるポイント」とは?

    今日はコラム的な内容でまいります。ファッションって、気になって…

  5. おしゃれのテクニック

    脱ベーシックカラーしたい場合に選びたい色味とは?

    イロトリドリノセカイはJUDY AND MARYが歌った曲ですが、世界…

  6. おしゃれのテクニック

    白ソックスをコーデのアクセントに【Tabiomenの靴下】

    寒い秋冬の足元に。昔は、真冬でもベリーショートソックスを履いて…

スポンサーリンク

最新記事

  1. スニーカー・革靴

    革靴好きの僕が考える、日本で革靴が嫌われてしまう5つの理由
  2. 古着・ヴィンテージ

    「にわか」古着ファンの僕がおすすめする東京・静岡の古着店4選
  3. スーツ・ジャケパン

    ノーネクタイ・スニーカー通勤の時代にスーツを着ている人について思うこと
  4. スーツ・ジャケパン

    ビジネスカジュアルにシャンブレーシャツで洗練されたおしゃれを
  5. スニーカー・革靴

    10年履ける上質な革靴を少しだけでも気軽に手に入れる方法とは?
PAGE TOP