やってみた!

オーダーメガネがついにキタ!澤口眼鏡舎でメガネをオーダーした(後編)

時は2019年の年末。

とあるファッションやインテリア、食器などの作家さんが集まるイベントに参加した時のこと。

多々あるお店の中に、一際おしゃれな雰囲気のメガネを扱っているショップを発見しました。

そのお店の名は「澤口眼鏡舎

シンプルながらも個性があって、普段自宅でしかメガネをかけない自分も、「コレはほしいなあ」と心打たれたメガネなんです。

でも、お店に置いてあったものは売り物ではなく「オーダーサンプル」

実は、既製のメガネ屋さんではなく、「オーダーメガネ」だったのです。

オーダースーツは何度もオーダーしたことはありますが、メガネのオーダーは人生で一度たりとも経験がありませんでした。

恥ずかしながら、「メガネもオーダーがあるんだー」とその時知ったくらいです。

メガネを購入する予定は全くなかったのですが、その眼鏡の美しさとオーナーさんの人柄、そして「オーダーメガネってどんなものなんだろう…」という好奇心から、そばにいた妻の許しを得て(汗)オーダーすることにしたのです。

↑オーダーの様子などは、こちらの記事をご覧ください。

スポンサードリンク

半年の時を経て、澤口眼鏡のオーダー眼鏡ができた!

あれから半年、ついに澤口眼鏡のオーナー澤口さんから眼鏡完成のご連絡をいただきました。

半年間、待つにはなかなか長い期間でしたが(汗)、とてもうれしい気持ちが込み上げました。(とても人気があるようで、今もオーダーは半年待ちのようです)

本当は、川越の工房までお礼がてら取りに行く予定だったのですが、昨今の情勢を踏まえて郵送してもらうことに。

僕がオーダーしたメガネがこちら!

いやー。カッコいい(汗)

ブラウンの縁で、形状は「クラウンパント」というもの。

素材は、セルロイドかアセテートか、どっちか忘れました(笑)

フレーム上部が直線的になっているデザインが「王冠」に見えるということから、その名がついたそうです。

アメリカやフランスで普及したいた型らしい。

たしかに、フランスブランドの洋服とも相性が良さそうです。

写真では伝わりにくいですが、絶妙に美しいブラウンカラーに程よく重厚感のあるルックス。(重さはそこまで感じません)

上手く言葉では表せないけど、手作りで丁寧に作ってあるんだなというのが伝わってくるような、クラフトマンシップあふれるメガネです。

メガネの裏側には、「澤口眼鏡舎」の名前が刻まれています。

下のメガネは、自分が今まで自宅用で使っていた五千円のメガネで、上は今回オーダーしたもの。

今まで使っていたものも普通におしゃれな雰囲気がありますし、写真で見る限りは正直大きな差はないようにも感じます。

ただ、実際にかけてみると「あー、やっぱり違うなー」という気持ちがムクムクと湧いてきました。

程よく重厚感のある雰囲気と、顔の長さを採寸しているだけあってフィット感も抜群。

今まで、メガネによってはすぐにゆるくなってきてしまったり、鼻にメガネの跡がついてしまって痛くなったりした経験もあったんだけど、コレについては今のところかけ心地良好です。

さすがはオーダーメガネ。

僕はコンタクトがメインなので、ここ数年はメガネは気軽に楽しめるブランドのものを愛用していましたが、こういったものをかけてみると、「ちょっぴり背伸びしたものもやっぱりいいわ…」と改めて感じました。

より気分も高まるし、大事にしていこうという気持ちも芽生えてきます。

ちなみに、こちらが今まで使っていた五千円のメガネ。

こちらも、全然いいなあ…。気軽にこんなおしゃれなメガネを楽しめるのも素敵です。

どちらを選ぶべきか。

それは、自分がメガネにどれだけこだわるかってところですね。

おしゃれ自体は、どっちを選んでも楽しめますから。

 

メガネにオーダーという選択肢もいい

今回は、人生初のオーダーしたメガネが仕上がってきたという内容でお送りしました。

仕上がってきたメガネに満足していることはお伝えしましたが、もう一つ素敵だなと感じたこと。

それは、「実際に作ってくださる方と対話しながらオーダー、購入できたこと」です。

澤口眼鏡さんは、オーナーさん自身がお店に出る仕事と、眼鏡制作を両方やっています。

実際に、自分のモノづくりをしてくださる方とコミュニケーションしながらお買い物を楽しむって、生産者さんや工場の方の顔が見えにくい今の時代、とても意味のあることだと思うのです。

今って何を買うにしても、どこの誰がどのように作っているかって見えにくいですから、食べ物も洋服も。

作ってくださる方の顔が見えること、コミュニケーションができることって、よりモノを大切に扱うことに繋がっていくとも思うのです。

これからも、出会いを大事にしながら大事にできるものを選んでいきたい。

そう感じています。

デイリーにメガネをかけている方は、メガネ選びの選択肢の一つにオーダーメガネも入れてみてはいかがでしょうか。

【澤口眼鏡舎】

https://sawaguchi-meganesha.com

(毎度のことながら、まわし者ではありません笑)

今日もお読みいただきありがとうございます。

また次の記事でお会いしましょう!

 

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. ファッションって着てはいけないNGアイテムってあるの?
  2. えっ?結婚式に履いちゃダメなの?革靴のフォーマル度4つの見分け方
  3. 程よくおしゃれ!ざっくり素材セーターのススメ
  4. 黄色のニットってどうやってコーディネートしたらいいの?
  5. 物(洋服)の価値は最終的には自分で決める

関連記事

  1. やってみた!

    バブアーって本当に臭いの?実際に購入してクンクンしてみた

    男のロマン、バブアー。なんて考えている人はファッション好きの中…

  2. やってみた!

    【デニムの聖地】児島ジーンズストリートで本場のデニムを体感【前編】

    一年を通して個人的に一番袖(足?)を通すことが多いボトムス「ジーンズ」…

  3. やってみた!

    ちょっぴり長く感じるTシャツの着丈をお直しに出してみた【前編】

    Tシャツが主役となる季節がやってまいりました。暑すぎてすでにバテ気味で…

  4. やってみた!

    【デニムの聖地】児島ジーンズミュージアムでジーンズ作り体験してきた【後編】

    さて、先日のブログでは、岡山県倉敷市の児島のジーンズストリートを肌で感…

  5. やってみた!

    セレクトショップ発のメンズセルフ脱毛「グランデ」を初めて体験してきた話

    メンズファッションのブログなのにいきなり脱毛?と思われた方もい…

  6. やってみた!

    コレいい!ファイヤーサービス×ビーミング別注デニム成長期【4ヶ月目】

    年中ほぼデニムばかり履いていて、毎年何がしかのジーンズを購入して楽しん…

スポンサーリンク

最新記事

  1. やってみた!

    【デニムの聖地】児島ジーンズミュージアムでジーンズ作り体験してきた【後編】
  2. スニーカー・革靴

    コンバースのオールスターUS ORIGINATORモデルが素敵だった話
  3. スニーカー・革靴

    東欧の香り、ルーディックライターのフルブローグを履き込む
  4. センスを磨く思考法

    おいしそうなお料理とステキなファッションの共通項
  5. つれづれなるままに

    僕らがモノやコトを一人で選べない理由
PAGE TOP