おしゃれのテクニック

靴下選びがメンドクサイ!さりげなく履けるおしゃれな靴下3選

靴下ってどんなものを選べば正解なんだろう…。

おしゃれは好きなものの、「どんなものを履けばいいのかわからない…」という方も少なくないではないでしょうか。

昨今のファッションは、パンツの裾をためて履くよりも、ジャストかちょい短めでスッキリ履くスタイルが主流。

そうなってくると、靴下が見える分量は多くなってくるんですよね…。

それに、靴下を見せない履き方をしていても、座ったりすればチラッとのぞいたりしますからね。

靴下って見える面積は少ないけど、意外と見られていることも…。

僕は、昔百貨店に勤務している時代に、とある女性社員から

「えー、なんでそんな靴下履いてんですか?」

という厳しいツッコミを受けた経験があります(泣)

言い方、キッツイわあ…。

その日はヘコみまくりで、早くその靴下を脱いでしまいたかったのを覚えています。

さて、いつものように前置きが長く恐縮です(汗)

今日は「靴下って正直どんなものをえらべばいいかわからない」

という方のために、僕から3種類の靴下をご提案したいと思います。

カジュアルスタイルにおける靴下選びに正解はありませんが、僕が実際に愛用しているものをご紹介していきます。

靴下選びの参考にしていただけたれ幸いです。

スポンサードリンク

 

僕が愛用しているカジュアル靴下3選

今回ご紹介する靴下は、「マイクロ(細)ボーダー・ヘリンボーンや細かいチェック柄・アーガイル」の3種類です。

まずは、「マイクロ(細)ボーダー柄

定番のボーダーソックスですが、カジュアルな服装において安定感を発揮します。

ボーダーといっても、太いものから細いものまで様々。細いボーダーをおすすめする理由は、太ボーダーに比べて大人っぽさが演出できるからです。

太いボーダーももちろんNGではありませんし、おしゃれに履くことは可能です。

ただ、カジュアル感が高くなる上に、靴下の色柄の主張が細ボーダーに比べてダイレクトに出ます。さりげなく履くのであれば、細い方が履きやすいでしょう。

(ここから美しくない足の画像が続きまして、失礼をいたします…)

デニムとレザースニーカーで合わせてみました。

飛び抜けておしゃれってほどでもないのですが、さりげなさはバツグンかなと。

ほどよくさりげなく、無頓着にも見えず、ちょうど良い塩梅ではないでしょうか。

ハイテクスニーカーなんかにもよさそうです。

パンツの色も問わず使えそうですし、とりあえず持っておいてもいい靴下かなと感じます。

続きましては、「ヘリンボーン柄や細かいチェック柄

こちらも、さりげなくおしゃれに履くことができます。

左は、非常に細かいチェック柄、具体的には千鳥柄やギンガムチェックなどトラディショナルな柄がいいでしょう。

右側のギザギザ模様はヘリンボーン。魚の骨からきている模様です。

これらも、色の主張が控えめで柄そのものもさりげなく、サラッと履くことができます。

ヘリンボーン柄とレザースニーカー。

ボーダーには出ない独特の雰囲気ですが、さりげなく履けそうです。

細かいチェック柄とレザースニーカー。

ヘリンボーンほどの独特さはありませんが、こぎれいな感じ。

ちなみに、今回は「黒とグレー」で構成されている靴下をご紹介しましたが、

【参照画像】https://zozo.jp/shop/unitedarrows/goods/

7699087/?did=20786649

↑のような、「黒と白」で構成されているものもおすすめです。

白が入ることによって、適度なコントラストがつきおしゃれな雰囲気が漂います。

ご紹介した「黒とグレー」のものだと、ちょっぴりシブすぎると感じる場合は、「黒と白」で構成された千鳥柄・ヘリンボーン柄を選ぶといいでしょう。

こちらは、ブラウンの革靴に対して、ブラウンの細かい千鳥柄を合わせました。

マストではありませんが、カジュアルで革靴を履く場合も、革靴の色を考慮した靴下を履くとさりげなく決まります。

ラストは、おなじみのアーガイル柄。

人によっては「おじさんクサくない?」と感じるかもしれませんが、個人的にはトラディショナルで素敵だと考えています。

今回ご紹介するなかで最も主張する柄ではありますが、そもそも見える面積が少ないので悪目立ちはしません。

ウィングチップの革靴に合わせてみました。

特にブラックやグレーベースのアーガイル柄であれば、目立ち過ぎす適度なアクセントにもなってくれそうです。

先ほどご紹介した2点と比べるとホッコリした雰囲気に見えます。

スタイリッシュに見せるなら、細ボーダーやヘリンボーン、千鳥柄。

落ち着いた雰囲気であれば、アーガイルなんて使いわけもよさそうですね。

 

僕が考えるさりげない靴下の選び方

ここまで、3種類の靴下ご紹介しました。

自分がさりげない靴下選びで心がけていること。

それは、靴下自体が過度に主張しないもの、できるだけモノトーンで構成されているものを選ぶということです。

細かい柄モノ、かつ黒、白、グレー(あとはネイビー)で構成されているものを選べば、派手になりすぎるということは少ないからです。

ちなみにおすすめのお店は、「ユナイテッドアローズ」や「ビームス」のドレスフロアなど大手セレクトショップのオリジナルソックス。

または、ショッピングモールなどに出店している「靴下屋」などがおすすめです。

 

まずは、さりげない靴下でおしゃれを楽しみ、慣れてきたらその法則から外れたものを挑戦してみるというのも面白いでしょう。

例えば、こんな靴下を挑戦してみるのも面白いかもしれない。

モノトーンでもなければ細かい柄でもないけど、コレはコレで新鮮な気分を味わえます。

 

カジュアルにおける靴下選びは、本当に正解がありません。

こちらを参考していただきつつも、自分らしい靴下選びやコーディネートが楽しめるようになっていただけたら幸いです。

今回は、カジュアルにおける靴下選びについてお送りしました。

機会があれば、スーツやジャケパンにおける靴下選びに関しても書くかもしれません。

それでは、今日のブログはここまで。

いつもお読みいただきありがとうございます。

また次のブログでお会いしましょう!

 

▪️「どんな洋服を買っていいかわからない!」コーディネーターがリサーチしたアイテムをチェック

「シンプルなファッションをしたいが、どんな洋服を選べばいいかわからない」「洋服の失敗が多い」という方のために、コーディネーターの目線でリサーチしたファッションアイテムを「note(ノート)」で毎月ご紹介しています。

詳細を見る

▪️1万人以上の方が視聴するファッション解説チャンネル

YouTubeでファッションを楽しむための思考法、揃えたいアイテム、購入品レビューなどを解説しています。おかげさまで、1万人を超える方にご視聴いただいています。

詳細を見る

 
スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. おいしそうなお料理とステキなファッションの共通項
  2. ファッションも失敗しておかないとヤバいなと感じる理由
  3. 程よくおしゃれ!ざっくり素材セーターのススメ
  4. えっ?結婚式に履いちゃダメなの?革靴のフォーマル度4つの見分け方
  5. ファッションセンスを磨けるショップとの付き合い方とは?

関連記事

  1. おしゃれのテクニック

    ファッションセンスを磨けるショップとの付き合い方とは?

    ショップ店員さんというと、どんなイメージを持っていますか?めち…

  2. おしゃれのテクニック

    長方形サコッシュの3つの便利な持ち方とは?

    サコッシュは、若い世代を中心に数年前から広がりを見せている肩がけのバッ…

  3. おしゃれのテクニック

    程よくおしゃれ!ざっくり素材セーターのススメ

    秋冬、そして春先のインナーとして大活躍するセーター(ニット)。…

  4. おしゃれのテクニック

    白ソックスをコーデのアクセントに【Tabiomenの靴下】

    寒い秋冬の足元に。昔は、真冬でもベリーショートソックスを履いて…

  5. おしゃれのテクニック

    黄色のニットってどうやってコーディネートしたらいいの?

    メンズファッションにおいて、秋冬に重宝するニット(セーター)。…

  6. おしゃれのテクニック

    脱ベーシックカラーしたい場合に選びたい色味とは?

    イロトリドリノセカイはJUDY AND MARYが歌った曲ですが、世界…

スポンサーリンク

最新記事

  1. つれづれなるままに

    【大事なお知らせ】一旦「note」にお引っ越しします!
  2. センスを磨く思考法

    若々しくありたい僕がファッションで必ずこころがけていること
  3. センスを磨く思考法

    ファッションも失敗しておかないとヤバいなと感じる理由
  4. 筆者のクローゼット

    5年の時を共にしたブルーノのネイビージャケットに思うこと
  5. ユニクロを着る

    コレは使える!ユニクロワッフルクルーネックTのコーディネート例
PAGE TOP