スーツ・ジャケパン

ノーネクタイ・スニーカー通勤の時代にスーツを着ている人について思うこと

ここ数年、ビジネスにおける服装のカジュアル化が進みました。特に、最近の夏はネクタイを締めている場合ではないほどの暑さですからね。

体調を悪くするくらいであれば、涼しい服装をするのは大賛成です。真夏は半袖Tシャツだけでも暑いですから…。

と思ってたら、クールビズ期間を過ぎてもノーネクタイの人も今は多いなあと。街を歩いていると感じます。暑い寒いに関わらず、日本のビジネスファッションはカジュアル化していっていますね。

ファッション業界の方には、「スーツにノーネクタイなんてけしからん」「 日本のビジネスマンの服装はなっていない」と考えている方もいます。

僕も業界人の端くれとして、今のノーネクタイファッションに思うところはあります。ただ、スーツを着たくない人の気持ちも非常にわかるんですよね。

なぜなら、僕が昔スーツが最高にキライだったから。

なんでこんな窮屈で暑苦しい服で仕事に行かなきゃいけないんだと思っていました。ファッションは好きだったのですが、「スーツは適当なヤツでいいや」って感じで全くメリットを見出せなかった。

こんな自分が、今では「スーツにネクタイ大好き」なんて言ってますから、人生は何があるかわからないものです(笑)

と前置きがいつものように長くなりましたが、これからの時代、ネクタイを締めてスーツを着ている人はどう見えるのだろう、ということについて考えてみました。

スポンサードリンク

 

ノーネクタイ・スニーカー通勤の時代に、ネクタイを締めてスーツを着ている人に僕が思うこと

ノーネクタイ・スニーカー通勤と、ビジネスカジュアルの時代。

ネクタイをしてスーツを着ている人はどう映るのか。

僕は、「スーツをバシッと着こなしている人は、これからの時代さらに仕事がデキそうに見られるのではないか」と考えています。

なぜなら、スーツを着こなせる人が相対的に減るからです。

スーツに対する印象は人それぞれ異なると思いますが、今の時代でも「スーツにネクタイを着こなしている人」= 「きちんとしている・仕事がデキそう」と考える人は、思いのほか多いと見ています。

昔はクールビズさえなく、皆がスーツにネクタイだった。今は服装のカジュアル化によって、スーツネクタイ人口が減った。

相対的に、スーツにネクタイの人が際立つようになったと考えることもできます。ちょいと短絡的かもしれませんが、全く間違いではないかなと。

スーツにネクタイを着こなしている人の信頼度って、なかなか強固なものがあると思うのです。

例えば、(少々極端な例ですが)、某ラグジュアリーブランドの男性販売員さんは、年中スーツにネクタイをしめています。(このブランドでは、スーツにネクタイがルールでジャケパンすらも許されていません)

これが、もしTシャツにジーンズだったら、同じようにブランドイメージを保持しつつ売り上げを伸ばしていけるのでしょうか。

なかには、「あんなラフな服装ではブランドのイメージにそぐわない」と離れていくファンもいるでしょう。

また、決して安い買い物ではない商品を買ってもらうために営業する時。

その時に、スーツを着ている人とTシャツにジーンズの人。どちらが誓約を多くとれるかというと、おそらくスーツの方がとれるのではと予想しています。

もちろん、その方の売り方やキャラクターによると思いますが。

「オールドファッションだね」「いつまでスーツとか着てんの…」なんて意見もあるでしょう。

たしかに、時代の移り変わりがとても早い今、流れに順応していくことも大事です。ノーネクタイでおしゃれなファッションができれば、その方がクリエイティブに見られるかもしれません。

例えば、ホリエモンさんのように黒いプリントTシャツを着ていた方がサマになる方もいます。別に、スーツを着なければきちんとした印象に見られない、なんてことは全くないです。

業種によっては、スーツにネクタイじゃない方がいいかもしれません。

ただ、少なくとも、この先数年で「カチッとした仕立てのスーツとネクタイに革靴」が絶滅してしまう、もしくは過去の遺物になってしまう、なんてことにはならないのかなと予想しています。

 

スーツがもたらしてくれる自分への効能

感じ方は人それぞれですが、スーツに身を包むと気分がシャキッとしたり、背筋が伸びたりする方も少なくないかと思います。

個人的な感じ方としては、スーツを着ると気が引き締まるのと、いつもより自分がシュッとして見えるんです(笑)

ただ、コレが馬鹿にできなくて、いつもより自信が湧いてきたりするので、洋服の力ってすごいなと感じます。

たかがコレだけのことですが、ビジネスの場でプレゼンしたり交渉する場では、自信を持ってやるのとやらないのでは、結果が変わってくることもあるのではないでしょうか。

 

と、今回はスーツにネクタイをする人が今後どんな立ち位置になるかについて、僕なりの考えを述べました。

もちろん、様々な仕事がありますし例外もたくさんあるでしょう。

服装を軽装化して、生産性や快適性が上がればそれはそれでいいと思うし、そもそも夏は暑すぎますから、今のビジネスファッションの流れは自然なこととも感じます。

従業員全員Tシャツの会社だって、今どきたくさんあるんじゃないかな。

ただ、「スーツ(洋服)が持つ力」を、この時代にあえて生かしてみるのも素敵な選択肢になり得るのではないか。

そんなふうに感じます。

今日は少々オカタイ内容でしたが、いつもお読みいただきありがとうございます。

また次のブログでお会いしましょう!

 

▪️「どんな洋服を買っていいかわからない!」コーディネーターがリサーチしたアイテムをチェック

「シンプルなファッションをしたいが、どんな洋服を選べばいいかわからない」「洋服の失敗が多い」という方のために、コーディネーターの目線でリサーチしたファッションアイテムを「note(ノート)」で毎月ご紹介しています。

詳細を見る

▪️1万人以上の方が視聴するファッション解説チャンネル

YouTubeでファッションを楽しむための思考法、揃えたいアイテム、購入品レビューなどを解説しています。おかげさまで、1万人を超える方にご視聴いただいています。

詳細を見る

 

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. ユニクロのセーターから見るファッションの流行とどう向き合っていくか問題
  2. 洋服好きの僕が旅行や出張で必ず持っていくもの2点とは?
  3. 黄色のニットってどうやってコーディネートしたらいいの?
  4. ファッションセンスを磨けるショップとの付き合い方とは?
  5. ファッションって着てはいけないNGアイテムってあるの?

関連記事

  1. スーツ・ジャケパン

    麻布テーラーのオーダーシャツ自腹買いレポート!出来はいかに?

    こんにちは、オーダースーツ好きのコウヤマです。少し前になります…

  2. スーツ・ジャケパン

    いつものスーツの着こなしを格上げする「ちょっとした」5つのチェックポイント

    令和の時代。時は進み、今やノーネクタイにスニーカー通勤はかなり…

  3. スーツ・ジャケパン

    グレースーツにブルーシャツを合わせる理由とは?

    日に日に秋が深まっていきますが、最近はクールビズやビジネスカジュアルの…

  4. スーツ・ジャケパン

    僕が圧倒的に信頼を寄せているスーツ

    さて、しばらく更新が滞ってしまっていましたが、いかがお過ごしでしょうか…

  5. スーツ・ジャケパン

    知人の結婚式のスーツスタイル、私はこんな服装で参列しています

    ジューンブライドという言葉がありますが、実際は6月よりも秋の方が結婚式…

  6. スニーカー・革靴

    えっ?結婚式に履いちゃダメなの?革靴のフォーマル度4つの見分け方

    ビジネスカジュアルが浸透して、スーツを着なくなった方、革靴を履かなくな…

スポンサーリンク

最新記事

  1. つれづれなるままに

    日本はおしゃれしていける場所が少ない
  2. ユニクロを着る

    ユニクロUのクルーネックTシャツ新色を購入レビュー
  3. 古着・ヴィンテージ

    【古着初心者】なぜ人はわざわざ新品よりもクタクタの古着を選ぶのか?
  4. つれづれなるままに

    都会で洋服を買っていたらファッションセンスは磨かれる?
  5. 古着・ヴィンテージ

    「にわか」古着ファンの僕がおすすめする東京・静岡の古着店4選
PAGE TOP