スーツ・ジャケパン

スーツの色、迷ったらネイビーとグレーどちらを選べばいいの?

スーツの色と言えば、何色を想像しますか?

ネイビー、ブラック、グレー、ブラウン、ベージュ…

色々なカラーがありますが、ビジネスシーンに広く浸透しているのはネイビーとグレーです。(黒も日本ではメジャーですが、個人的には慶弔時に着るスーツカラーだと考えているため、今回は含んでいません)

スーツカンパニーやスーツセレクトに行っても、ビームスやシップスに行っても、置いてある色はほぼこの2色。

最近では、おしゃれな方の間でブラウンスーツも増えてきていますが、ネイビー、グレー人口を凌駕するようなことはないでしょう。

で、スーツを購入する時に考える「どちらの色を選んだらいいの?」という疑問。

僕自身も、スーツを購入する際は必ず真っ先に色のことを考えます。

いったいどちらがいいのか。

結論から言うと、「どちらでもオーケーです」

…というと、今回のブログの存在意義がないので(笑)、僕が考えるネイビースーツ、グレースーツの印象について解説していきたいと思います。

ただ、「印象」という言葉は抽象的で、「このスーツの印象はコレだ!」なんて断定はできません。また、色のみで印象が決まることもあり得ないです。

例えば、優しい雰囲気の方と、アクティブなイメージの方が着るネイビースーツは、全く印象が同じかと言えば、そんなことはありません。

また、スーツをピタッと着るのかブカブカなのか、「サイズ」でも大きく印象は異なります。

あくまでも、参考適度にお読みいただけたら幸いです。

ネイビースーツは、若々しさ・フレッシュ・アクティブ・清潔感

グレースーツは、威厳・貫禄・落ち着き

こちらのキーワードを元に着画を見ながら、一緒に見ていきましょう。

スポンサードリンク

 

ネイビースーツとグレースーツを交互に着てみた

まずは、ネイビースーツを着用しました。

ネイビー(ブルー系)の色が前面に押し出されるので、清潔感やフレッシュな雰囲気を感じます。グレーに比べると、若々しさや活発なイメージを出しやすいでしょう。

次に、グレースーツを着用しました。(今回はミディアムグレーとチャコールの中間くらいの色)

ネイビースーツに比べると、どことなく落ち着いた雰囲気が出ています。よく言えば、貫禄と落ち着きを感じますし、見方によってはちょっぴり老けて見えるかもしれません。

どちらもビジネスシーンでは問題なく使えるカラーです。あとは、自分をどう見せたいのかで決めていただくのが一番かと思います。

例えば、僕の基準であれば、元々年齢の割に童顔なので、仕事の際は頼り甲斐があるように見せたい。その場合は、落ち着いた雰囲気を出せるグレーを選びます。

女性と会う用事であれば、女性は清潔感に敏感なので、ネイビーを着ていくかもしれません。

また、特に気にしないで好きな方を着ることもあります(笑)

グレースーツって老けて見えない?

なんて声をわりと聞きますが、ちょっぴりビビッドカラーのネクタイを取り入れてみると、イメージは変わります。

スーツの色と同様に、思いのほか見栄えが変わるのが「Vゾーン

ネクタイとシャツの組み合わせでも、イメージは大きく変わります。

例えば、グレースーツ単体では老けて見えるかもしれません。が、↑のようなカラーのネクタイを使えば、貫禄のある中にも、エネルギッシュな雰囲気が演出できます。(オレンジなので、ちょい派手かもしれませんが…)

ついでに、ネイビースーツと合わせてみました。

コレはコレで悪くないけど、ちょいとスーツとネクタイのコントラストが強いかなー。ネクタイばかりに目がいってしまう。

鮮やかな色のタイは、ネイビーよりもグレーの方がなじませやすいでしょう。そう考えると、冒頭の「ネイビースーツにネイビータイの組み合わせ」がいかに安定感があるかわかります。

というように、ネクタイの合わせでも、ガラッと雰囲気が変わるんです。

「フレッシュさ、若々しさ」のネイビースーツも、ネイビーの無地タイなどカッチリしたタイを合わせれば、若々しさのなかにも落ち着きを演出できます。

また、「貫禄や一方では老けて見える」と言われるグレースーツ。

明るい色のネクタイをすることで、落ち着きの中にも遊び心を感じさせることもできます。

一口にスーツの印象といっても、奥深いなあと。

沼にハマるので今日は省略しますが、コレにその方のキャラクターやスーツのディティールによる印象の違いを加味していったら、もう複雑です(汗)

しかも、「こういう印象を与えたい」と目論んだものの、相手がどう感じるかなんて実際はわかりません。最終的には「好きな方を着たら?」っていうのが、究極的な答えなのかもしれません。

 

とりあえず持っておきたいスーツの色はどっち?

僕が考える、どっちか持っておくとしたら持っておきたいスーツの色は「ネイビー」です。

なぜなら、先述したように人によってはグレーは老けて見えがちだからです。

「どっちを持っておくべきか」については、ファッション業界の重鎮の方々でも意見が割れています。「ネイビーのみでいい」という方もいれば、「グレーこそ手堅い」という方もいます。

お悩みの方は、いったいどちらを信じたらいいのかって(汗)

僕の経験則でお伝えするなら、20代〜30代はグレーが老けて見えやすい年代かなと感じます。自分自身も、20代の時にグレーのスーツを着た時の感想は「なんか、老けてみえるな…ネイビーにしておこっと」というものでした。

若いうちは、どちらか悩んだらネイビーがいいのではと感じます。

で、自分の感覚だと、30代も半ばくらいにさしかかると、少しずつ「グレースーツもシブくていいなあ」なんて感じるようになりました。

なぜかと考えてみると、おそらく歳を重ねて見た目が変わってきてグレーのシブさがハマってくるようになるから。コレが僕の予想です。

見た目がフレッシュなうちは、グレーのシブさに負けてしまうのかもしれませんね。(もちろん、人によるので、おすすめしないとは言いません)

個人的には、最近グレーにハマってきています。僕はまだ若造だけど、40代50代以降のシブい男性が着るグレースーツって、最高にカッコいいんです。

ネイビーも捨てがたいですが、どっちもカッコいいってことで。

今回は、ネイビースーツとグレースーツ、どちらを持っておけばいいの?ということについて考えてみました。

さらに深掘りしていけば、どんなネイビー、どんなグレーなんてどこまでも掘っていけそうなスーツの世界。

それはまたの機会にして、今日はここまで。

いつもお読みいただきありがとうございます!

それでは、また次のブログでお会いしましょう^^

 

今回の着用アイテム

・ネイビースーツ:パターンオーダー(カノニコ)

・グレースーツ:パターンオーダー(トレーニョ3Dウール)

・セミワイドカラーシャツ:麻布テーラーオーダーシャツ

・ネイビー無地タイ:ビームスF(フェルモフォサッティ)

・オレンジのタイ:スパッカネアポリス

 

▪️「どんな洋服を買っていいかわからない!」コーディネーターがリサーチしたアイテムをチェック

「シンプルなファッションをしたいが、どんな洋服を選べばいいかわからない」「洋服の失敗が多い」という方のために、コーディネーターの目線でリサーチしたファッションアイテムを「note(ノート)」で毎月ご紹介しています。

詳細を見る

▪️1万人以上の方が視聴するファッション解説チャンネル

YouTubeでファッションを楽しむための思考法、揃えたいアイテム、購入品レビューなどを解説しています。おかげさまで、1万人を超える方にご視聴いただいています。

詳細を見る

 
スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. ファッションセンスを磨けるショップとの付き合い方とは?
  2. セットアップのジャケットスタイルってキザに見える?
  3. ファッションのコンフォートゾーンを打ちやぶれ!
  4. 程よくおしゃれ!ざっくり素材セーターのススメ
  5. いつものスーツの着こなしを格上げする「ちょっとした」5つのチェックポイント

関連記事

  1. スーツ・ジャケパン

    僕が圧倒的に信頼を寄せているスーツ

    さて、しばらく更新が滞ってしまっていましたが、いかがお過ごしでしょうか…

  2. スーツ・ジャケパン

    グレースーツにブルーシャツを合わせる理由とは?

    日に日に秋が深まっていきますが、最近はクールビズやビジネスカジュアルの…

  3. スーツ・ジャケパン

    ノーネクタイ・スニーカー通勤になっても変わらない普遍的なこと

    クールビズ期間が終わってから、ネクタイを締める人もいればしない人もいて…

  4. スーツ・ジャケパン

    いつものスーツの着こなしを格上げする「ちょっとした」5つのチェックポイント

    令和の時代。時は進み、今やノーネクタイにスニーカー通勤はかなり…

  5. スーツ・ジャケパン

    これで安心!スーツとネクタイの組み合わせ基本の「き」

    ノーネクタイ、スニーカー通勤とビジネスウェアのカジュアル化が進んでいま…

  6. スーツ・ジャケパン

    見栄えが変わる!スーツのちょっとした着こなしチェックポイント

    こんにちは、コウヤマです。この時期は、クールビズ期間中というこ…

スポンサーリンク

最新記事

  1. センスを磨く思考法

    【コスパとは?】苦労して買ったけど、こころを豊かにしてくれたもの
  2. 筆者のクローゼット

    いつの時代も着続けたい、僕にとってのファッション三種の神器
  3. センスを磨く思考法

    「似合わない」って8割くらいは思い込みかもしれない話
  4. おしゃれのテクニック

    白ソックスをコーデのアクセントに【Tabiomenの靴下】
  5. 筆者のクローゼット

    キャッシュレス時代にー愛用のスマイソンのお財布
PAGE TOP