センスを磨く思考法

今の時代スーツやジャケットはもう下火、だとは思わない理由

こんにちは、コウヤマです。

スーツやジャケットというと、男女共にビジネスやかしこまったシチュエーションで着るというイメージがあります。

休日に着るには肩がこるといいますか、できれば着たくない方も多いんじゃないかなと思います。お休みの日は楽チンな方がいいですもんね。僕も肩がこるので楽な方がいいです。

と散々ワルモノ扱いしましたが(汗)、男らしさをバシッと引き立て、清潔感を演出できるのもスーツ・ジャケットの魅力なんですよね。

でも、わかっちゃいるけど着るには肩がこるし窮屈だ!

の無限ループになりそうですが、最近は肩がこりにくいモノも色々なブランドからリリースされています。

ジャケットで例えるなら、「イージージャケット」「ジャージージャケット」なんて言われているのですが、着心地は軽くストレッチ性バツグン、腕まくりオーケー、シワになりにくくウォッシャブル。

昔の概念ではあり得なかったようなものがあるんですね。

 

休日には伸びるジャケットでカッコよく

今年購入した「ユナイテッドアローズグリーンレーベル」のイージージャケット。

カーディガンのような軽い着心地、伸びる素材による快適性の高さ、画像のようにTシャツにラフに羽織ってもサマになります。仕事で着るようなカチッとしたタイプではないので、休日のファッションになじむのも素敵です。

(服装が自由な職場であれば、シャツと合わせて着ていけそう)

「着ていて楽チンな洋服」というと、昔はジャージやスウェット、パーカーなど部屋着やご近所着をイメージするようなものが多かったですが、今はジャケットやスラックスだって履きやすいものがある。

テクノロジーの発達はホントに素晴らしいなと感じます。(もちろん、スウェットはパーカーも着こなし次第で素敵に着れるアイテムです)

カッコいいし楽チン、略してカッコちん(笑)名前はダサくなってしまいましたね…。

大昔は、こんなハイテクな素材の楽なジャケットなんてなかったので、いくら暑かろうとカチッとした仕立てのものを着るしかなかったと思うのです。

今は、こういったアイテムを選ぶという選択肢もあるし、むしろ機能性バツグンのスポーティーなジャケット・スーツしか着れなくなった人もいるでしょう。

むしろ、「一般的なカチッとしたスーツやジャケットなんてできれば着たくない」

これが、世の中のマスな意見だと思うんですよね。

では、普通のビジネススーツやカチッとしたジャケットはもういらないのか。

というと、そんなことはないのかなと。時代と共におそらく規模的には縮小していく気はしますが、こちらにはこちらの魅力があります。

何といっても、伸びるスーツやジャケットよりもエレガントに見えますし、気分も引き締まります。服装で相手に敬意を表することもできます。

そして、スーツが下火な今の時代でも、女性は依然として「男性のスーツ姿はステキ」と思っている方は多いです。

スーツを絶滅させるのはもったいないですよね(笑)

 

ファッションを全て機能性で考えることへの違和感

最近ショップに行った際スタッフさんから、ビヨンビヨンに伸びるスーツを「コレは結婚式にも着ていけますから」と提案してくださったことがありました。

もちろん、どうせ着るなら結婚式も楽チンに、そして最近はカジュアルな披露宴も増えてきたので、という意図もおアリだったと思います。

が、個人的にはストレッチ素材のスポーティーなスーツで結婚式に臨むというのは、個人的には違和感があるなあと。自分だったら、ちょっぴり主役に失礼な気がしてしまいます。

もちろん、カジュアルな式だったり、主役が「カジュアルな服装でお越しください」とのことであれば、全く問題ないと思います。

服装は寒暖を調節する、身を守るという役割だけではなく、相手への敬意や気遣いを表する役割もあります。

もちろんどんな結婚式にもよりますが、服装で最大限喜びと祝福の気持ちを表すのも大事だと思うんですよね。

「カチッとしたスーツでなければそれを表せないのか」という意見もありますが、自分だったらカチッとしたスーツを着て主役に敬意を表します。

 

涼しい、快適、洗える、伸びる、楽チン、最新鋭のテクノロジー…。

洋服は着ていて快適なことも大事ですから、最近の伸びるスーツやジャケットは大賛成です。

ただ、カチッとしたスーツやジャケットはもう必要ないかといえば、そんなことはないと思います。

機能性は、比重を置きすぎてしまうとエレガントさを欠いたり、時に相手をガッカリさせてしまうこともありますから。

日本では薄れつつある「機能性以外の洋服を着る意味

少しでもこのブログでもお伝えしていきたいなと考えています。

と、今日は「マジメか!」とツッコミを受けそうなくらい真面目になってしまいましたが(汗)、この辺で。

それでは、また次の記事でお会いしましょう!

 

▪️「どんな洋服を買っていいかわからない!」コーディネーターがリサーチしたアイテムをチェック

「シンプルなファッションをしたいが、どんな洋服を選べばいいかわからない」「洋服の失敗が多い」という方のために、コーディネーターの目線でリサーチしたファッションアイテムを「note(ノート)」で毎月ご紹介しています。

詳細を見る

▪️1万人以上の方が視聴するファッション解説チャンネル

YouTubeでファッションを楽しむための思考法、揃えたいアイテム、購入品レビューなどを解説しています。おかげさまで、1万人を超える方にご視聴いただいています。

詳細を見る

 
スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 大定番スニーカー「スタンスミス」って実はコーディネートしにくい?
  2. いつの時代も着続けたい、僕にとってのファッション三種の神器
  3. スマートカジュアルってどんな服装?実際にドレスコードのあるレストランに行ってきた…
  4. おいしそうなお料理とステキなファッションの共通項
  5. ユニクロのセーターから見るファッションの流行とどう向き合っていくか問題

関連記事

  1. センスを磨く思考法

    ファッションに「自分らしさ」を出すには?

    洋服の楽しみ方ってのは人それぞれですが、僕自身は常々「自分とはなんぞや…

  2. センスを磨く思考法

    ファッションセンスとは〇〇の数で決まる

    「センス」という言葉。ファッションの世界はもちろん、色々なカテ…

  3. センスを磨く思考法

    自分のスタイルづくりをするために大事なこととは?

    自分のスタイルを持っている人ってのはカッコいい。軸があるという…

  4. センスを磨く思考法

    無いモノねだりしなくとも僕らはスバラシイ

    今年ももうわずかということで、仕事納めでゆっくりしている方、お仕事の方…

  5. センスを磨く思考法

    抵抗を感じる洋服、すぐあきらめる?とりあえず着てみる?

    「いつも同じ服装が落ち着く」傾向がある僕ら男性。毎日異なる洋服…

  6. センスを磨く思考法

    人のために服を着る、自分のために服を着る

    ファッションには色々な付き合い方・楽しみ方があります。人に何を…

スポンサーリンク

最新記事

  1. 古着・ヴィンテージ

    古着で「上質を知る」という選択
  2. ユニクロを着る

    コレは使える!ユニクロワッフルクルーネックTのコーディネート例
  3. センスを磨く思考法

    物(洋服)の価値は最終的には自分で決める
  4. つれづれなるままに

    【大事なお知らせ】一旦「note」にお引っ越しします!
  5. つれづれなるままに

    ファストファッションの時代だからこそスローライフな選び方を
PAGE TOP