スーツ・ジャケパン

僕が圧倒的に信頼を寄せているスーツ

さて、しばらく更新が滞ってしまっていましたが、いかがお過ごしでしょうか。

自分はというと、ジメジメと湿気がツライ梅雨が始まりまして、若干の体調不良と格闘しています。暑くなったり、湿度が高かったり、屋内はやたら涼しかったり、そりゃカラダもおかしくなるわ(泣)

今年は、某感染症の影響もあって、洋服屋さんは春夏のセールが早くからスタートしています。

ショップとしては定価で売れるのが一番だと思うのですが、個人的にはありがたいこの機会に、なるべく長く愛せるものを買いたいと考えています。

今回は、前からいいものがあればほしいなと思っていた「柄モノのスーツ」を購入したので、さらっとご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ビームスFのオリジナルスーツ

主張し過ぎない縦線の入ったストライプのネイビースーツ。

個人的には、ストライプスーツって会社の部長など管理職の方が着ているイメージです(笑)

僕のようなキャラの人間が着ても全くそんな風格は出ませんが(汗)、ちょっぴりクラシカルで厳格な雰囲気のスーツがほしかったのです。

ストライプの線がうっすら入っているのか、ハッキリ入っているのかで、スーツの印象がかなり変わります。職場でさりげなく取り入れるなら、うっすらストライプの方が圧倒的に着やすいかなと。

単色のネイビースーツだと思っていたけど、よーく見てみると茶色?や色違いのネイビーの糸なども使われていて、「多様性のあるネイビー」って感じがします。

ぱっと見はネイビー一色だけど、実は様々な色で構成されたネイビーで多様性に富んでいる。

一つ一つの色は違えど、ケンカすることなく共存している。

これは、僕ら人間も見習いたいところだなって。

…ちょっぴり脱線しました(笑)

ジャケットの裏地は、ビームスFのロゴが。

ビームスさん、かれこれ40年以上の歴史があるんです。

スラックスは、極めてオーソドックスな「ベルトループ有りの1プリーツ(タック)」仕様。

スポーティー過ぎずクラシカル過ぎず。

このディティールが、なんだかんだいつの時代でも通用する中庸な感じなのではないでしょうか。

裾はダブルで4cm幅で仕上げました。

自分は、だいたい3,5cmから4,5cmくらいにすることが多いです。

スーツのスラックスとジャケパン用のスラックスについては、必ずダブルでお直ししてもらいます。なぜなら、ダブルが好きだから、それだけ(笑)

 

スーツが大嫌いだったのに…

今回は、夏のセールで手に入れたビームスFのオリジナルスーツをご紹介しました。

ビームスのスーツの何が具体的にいいのかっていう話は、マニアックに知りたい方はスタッフさんに聞いてみたり、ビームスディレクターの中村さんのブログなどを読んでみるといいと思います。

▼ビームスディレクター中村さんのブログ

https://ameblo.jp/beams-class/entry-12311092966.html?frm=theme

(読んだところで、マニアック過ぎてわからないこともありますが…汗)

個人的な感想を言うなれば、着心地がいいこと、僕の華奢な体型をたくましく見せてくれること、シルエットがきれいなこと、こんなところでしょうか。

言葉にすると、フツウでアッサリしてしまうのですが…(汗)

サラッと言うなれば、「日本人のためのスーツ」って感じがします。

昔は、最高にスーツがキライで仕方なかったんですが、セレクトショップのスーツやオーダースーツに触れるようになってからは、少しずつスーツのことが好きになっていきました。

食べ物でもなんでもそうですが、キライだったものの評価が180度ひっくり返って好きになるって、すごいことだと思うのです。

ビームスFのオリジナルスーツ。

僕のスーツに対する価値観を変えてくれた、個人的におすすめなスーツです。

ひんぱんには手が出せないのでもっぱらセール狙いで選ぶことが多いですが(汗)、お仕事でスーツを着用される方は一度試着されてみてはいかがでしょうか。

また、着画もコーディネート記事を書いた時にご紹介できたらと考えています。

本日もお読みいただきありがとうございます。

また次の記事でお会いしましょう!

 

▪️「どんな洋服を買っていいかわからない!」コーディネーターがリサーチしたアイテムをチェック

「シンプルなファッションをしたいが、どんな洋服を選べばいいかわからない」「洋服の失敗が多い」という方のために、コーディネーターの目線でリサーチしたファッションアイテムを「note(ノート)」で毎月ご紹介しています。

詳細を見る

▪️1万人以上の方が視聴するファッション解説チャンネル

YouTubeでファッションを楽しむための思考法、揃えたいアイテム、購入品レビューなどを解説しています。おかげさまで、1万人を超える方にご視聴いただいています。

詳細を見る

 
スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 程よくおしゃれ!ざっくり素材セーターのススメ
  2. 合わせにくいって本当?白のスニーカーで春夏コーディネートを軽やかに
  3. スーツの色、迷ったらネイビーとグレーどちらを選べばいいの?
  4. ユニクロのセーターから見るファッションの流行とどう向き合っていくか問題
  5. もっとスローにファッションを楽しみたい

関連記事

  1. やってみた!

    長かったネイビージャケットの着丈を詰めてみた結果…

    個人的にジャケット(テーラードジャケット)が大好きで、ジャケットとジー…

  2. スーツ・ジャケパン

    ノーネクタイ・スニーカー通勤になっても変わらない普遍的なこと

    クールビズ期間が終わってから、ネクタイを締める人もいればしない人もいて…

  3. スーツ・ジャケパン

    いつものスーツの着こなしを格上げする「ちょっとした」5つのチェックポイント

    令和の時代。時は進み、今やノーネクタイにスニーカー通勤はかなり…

  4. スーツ・ジャケパン

    お仕事に!授業参観に!ネイビースーツをシンプルに【今週のコーディネート】

    スーツを着る人、カジュアルな服装でお仕事に臨む人。スーツにとら…

  5. スーツ・ジャケパン

    これで安心!スーツとネクタイの組み合わせ基本の「き」

    ノーネクタイ、スニーカー通勤とビジネスウェアのカジュアル化が進んでいま…

  6. スーツ・ジャケパン

    新卒さんにも読んでほしいスーツ着こなしのエッセンス

    秋からクールビズが一旦終了し、ネクタイをしめてお仕事をされる方も多いか…

スポンサーリンク

最新記事

  1. やってみた!

    澤口眼鏡舎で人生初のオーダーメガネを作ってみた【前編】
  2. 筆者のクローゼット

    【デニムワークス】倉敷は児島発ベティスミスジーンズがあなどれなかった話
  3. おしゃれのテクニック

    白ソックスをコーデのアクセントに【Tabiomenの靴下】
  4. スニーカー・革靴

    10年履ける上質な革靴を少しだけでも気軽に手に入れる方法とは?
  5. 今週のコーディネート

    好きな色の洋服を着たときの、気分の上がり方が尋常じゃないお話
PAGE TOP