やってみた!

ワコールのメンズ下着BROS(ブロス)の履きごこちはいかに?

皆さん、パンツ(下着)は履いていますか?(愚問)

履いているけど、履いていない風に見えるお笑い芸人さんもいましたが(懐)、芸人さんの世界も生き残っていくのは大変ですね…。

と、いつものように脱線からのスタートですが、下着といえば個人的には見た目以上に気になるのが「履きごこち

直接肌に触れるものなので、履いていて快適であることは欠かせません。

少々お恥ずかしい話ですが、僕は肌が敏感でちょっとしたことで下半身がかゆくなったり、湿疹ができてしまったりすることがあります。

肌に合わない下着を履いた日には、かゆくて仕方ありません。でも、場所が場所だけに、一日中股間をかくわけにもいかず…。

今までは、ユニクロのエアリズムを履いていたのですが、どこかのタイミングで素材が変わったのか?(実際にどうなのかはわかりませんが)、肌に合わなくなってきてしまったのです。(コスパがよかったので残念…)

そこで、今回ネクスト候補として購入してみたのが「BROS(ブロス)」というブランドのものなんです。

スポンサードリンク

 

ワコールブロスのボクサーパンツを買ってみた

BROS(ブロス)のボクサーパンツ、コレ実は大手下着メーカー「ワコール」のメンズラインなんです。ワコールといえば、男性にはなじみがありませんが、女性なら知らない人はいないくらいメジャーな下着ブランドです。

餅は餅屋ということわざがあるように、下着は下着屋さんがベストなのではないかということでチョイスしてみました。

うたい文句は、「縫い目が少なく、ごろつきが少なく快適な履きごこち」だそう。

あまり細かくディティールを深掘りする派ではないので、快適だったらそれでいいんです(笑)いくらこだわっていても、肌に合わないものは合いませんからね。

ということで、さっそく履いてみました。

今回はMサイズを購入。こちらは、MとLサイズの2サイズ展開ですガリガリ体型の僕はSの展開がなく不安だったのですが、履いてみたらMサイズでもぴったりでした。(わりとタイトなつくりなのかな?)

適度なフィット感があり、下半身周りがキュッと引き締まるような感覚でした。コレ、もしSサイズがあったら少々キツかったかもしれません…。

この辺は、適度なホールド感が好きな人もいるし、逆にゆるめが好きな人もいるので、サイズ選びは少々むずかしいかもしれない。

でも、この適度なホールド感、背筋が伸びるような気分になるし、何より履いていて気分が上がりました。女性は、下着で気分を上げたりすることもあるようですが、その気持ちがなんとなく理解できたような気がします。

さすが、女性下着ブランド。

肝心の下半身のかゆみも、現状は発生していなく快適に履けています。(あくまでも僕はという話ですが)

ということで、つい先日追加購入しました。

【画像参照元】https://www.wacoal.jp/bros/

ブロスは、色々なラインがあって価格やディティールもさまざまです。

僕はベーシックな1300円(税抜き)のタイプを購入しています。僕はドット柄と無地を購入しましたが、困ったら無地が手堅いと思います。

購入したドット柄のボクサーパンツ

(※特にブランドと提携しているわけではありません)

オンライン以外だと、イオンやイトーヨーカドーなどショッピングモールをメインに販売しているようです。

 

下着ブランドの下着はなかなかよかった

今回、久しぶりに別ブランドのパンツに乗り換えました。

下着もちょっぴり投資をすることで、思いのほか気分が上がるなーと改めて実感します。まあ、ユニクロのエアリズムと価格差はそこまで大きくはありませんが…。

でも、下着って靴下などと同様に消耗品ですから、そこまで高いお金をかける気はありません。なので、1000円から1500円、どんなに高くとも2000円くらいで素敵なものがあればいいなというのが、僕の価値観です。

ワコールのブロスは、デザインのお好みは分かれるかと思いますが、ちょい気分が上がるパンツとしてアリなのではないでしょうか。

個人的には、下着は餅は餅屋、ワコールやグンゼなどから今後は選ぼうかなと考えています。とは言っても、素敵なものがリリースされれば、それ以外も挑戦しますが(笑)

ということで、今日もお読みいただきありがとうございます。

また次のブロス、いやブログで(笑)お会いしましょう!

(しつこいようですが、提携はしていません笑)

 

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. ファッションも失敗しておかないとヤバいなと感じる理由
  2. スマートカジュアルってどんな服装?実際にドレスコードのあるレストランに行ってきた…
  3. 「似合わない」って8割くらいは思い込みかもしれない話
  4. 物(洋服)の価値は最終的には自分で決める
  5. 古着で「上質を知る」という選択

関連記事

  1. 筆者のクローゼット

    ファイヤーサービス×ビーミング by ビームスの別注デニムを自腹買いレビュー

    皆さんは、普段どんなパンツでおしゃれを楽しんでいますか?僕は、…

  2. やってみた!

    ジージャンのサイズが合わない!袖をお直ししてみた【前編】

    今年の6月頃、都内の某古着屋さんで素敵なジージャンを見つけました。…

  3. おしゃれのテクニック

    【ザ・ベーシック】Tシャツとカーディガンのコーデのコツとは?

    気温が上がってきた今日この頃。そのうち暑くなってきて、半袖Tシ…

  4. 筆者のクローゼット

    何だかんだ使えるホワイトハウスコックスのメッシュベルト最強説

    ベルトって、学生からご年配の方まであらゆる世代の方が身につけるファッシ…

  5. スニーカー・革靴

    足が痛くなるコンバースオールスター、日本製はどうなのか試してみた

    コンバースのオールスター、一度は履いたことがあるという方も多いかと思い…

  6. やってみた!

    バブアーって本当に臭いの?実際に購入してクンクンしてみた

    男のロマン、バブアー。なんて考えている人はファッション好きの中…

スポンサーリンク

最新記事

  1. ユニクロを着る

    ユニクロのボリュームダウンで残りわずかの寒さを楽しむ【今週のコーディネート】
  2. 筆者のクローゼット

    やっぱり僕の定番「アーペーセーのニュースタンダード」ジーンズ
  3. センスを磨く思考法

    僕が朝必ずやっている1日をシャキッとさせる洋服ルーティンとは?
  4. スニーカー・革靴

    美しき革靴42nd royal highlandのストレートチップを買ってみたお…
  5. 今週のコーディネート

    夏セールで購入したセーターで秋コーディネートしてみた
PAGE TOP