センスを磨く思考法

ファッションも失敗しておかないとヤバいなと感じる理由

10代の頃から換算すると、20年くらいはファッションと付き合っているんだけど、いまだに失敗が絶えません(泣)

いや、もちろん、多少なりとも学習はしますから、昔よりは失敗数は減っていると思う、いや思いたいんです(笑)

でも、まだまだ知らないことが多すぎる。

いつになったら、ファッションを極められるようになるんだろう。

おそらく、一生かかってもゴールにはたどり着かないんだろうなって感じます。

勉強し続ける旅は、これからも続くでしょう。

スポンサードリンク

 

色々な情報が享受できる時代に、僕が必要だと思うこと

動かずとも情報が手に入れることができる時代に、僕が大事だと考え実践していること。

それは「確認作業をすること」です。

そう言えば、最近ヘインズのTシャツを通販で購入したんですけど、その前に「どれくらい洗濯で縮むんだろう」ということが気になって調べてみました。

Aというサイトには、「○cm縮むから、これを考慮したサイズ選びが大事」

Bというサイトには、「大して縮みはありません」

という情報。

いったいどっちやねん!!!って(汗)

ファッションに限らず、何かを調べた時に180度解答が異なることってありませんか?

「ホームページには火曜定休て書いてあるけど、Googleさんは水曜定休って書いてあるよ、どっちだよ!」

こんな出来事もありました。(脱線していくのでこれくらいにしておきます)

ネットの情報は、こんなことは日常茶飯事です。

じゃあ、どうしたらいいのかって考えたら、

結局のところ「自分でトライして、実際どうなのか確認してみる」しかないと思ったんです、いくら失敗しようと。

便利な今の時代、僕らは動かずとも色々な情報を手に入れることができるようになりました。

時短で効率的に情報を集められるようになったのは、素晴らしいことだと感じます。

ただ、その代わり、

「イチイチ自分で確認作業をすることが少なくなった」

そんな気もするのです。

今の時代、スマホで色々なことが分かるから、イチイチ自分で行動して確認するのは面倒に思ってしまうかと思います。

自分もこの生活に慣れていますから、メンドクサイ。

でも、イチイチ自分で確認して得た経験こそが、一番信頼性の高い情報、そして自分の糧になる。

今の時代を生きる僕らは、それを忘れてしまっているのではないか。

そんな風にも感じるのです。

多くの方がおすすめしているファッションアイテムだって、自分にフィットするかは別問題です。

フィットするかどうかは、やっぱり購入して着てみるしかない。

返品・交換も今の時代は昔よりカンタンにできるけど、10年以上前は返品もなかなか難しい時代でした。

だから、身銭を切って買ったならば、「アレ、もしかしたらコレ、自分に合わないかな」なんて思っても返品はできません。

だからこそ、頭をフル回転して、クローゼットの中のものでどうにか上手にコーデできるものがないか試行錯誤したものです。

「ヤバい!失敗かも」なんて思った時に、どうにかなんとかならないか色々と試す過程ってのも、自分の財産になっていくと思うのです。

エラそうに語っていますが、自分は大してできていないんですが(汗)

 

 

自分で食べてみることが価値

おいしいご飯屋さんを探すにも、今はレビューサイトの評価などを検索して、その評価で決める方が多いかと思います。

それももちろんアリだけど、やっぱり自分でお店に足を運んで食べてみるまではわかりません。

それに、レビューを書いた人が、自分と同じ価値観で同じような味覚の持ち主だとも限りませんから。

たまには、レビューサイト抜きで、直感でお店選びをしてみるなんてのも面白いです。

僕は、事前情報なしで直感で入ったお店が、大好きになって「教えたくない行きつけのお店」になった経験がありました。

もし、ネットばかり見ていたら、そのお店にはリーチできなかったかもしれません。

まあ、直感でやるので失敗も多いんですが(汗)

失敗したら経験値が上がって、どこかで「チャラララーチャッチャー」ってレベルアップしますから(ドラクエのレベルアップの音です笑)

とは言え、失敗したら反省と改善策は大事ですけど…。

 

でも、そうやって経験を重ねていって、「自分なりのスタイル」ができ上がっていったら、僕は日々の暮らしがもっと楽しくなっていくんじゃないかって考えています。

 

それでは本日はここまで。

いつもお読みいただきありがとうございます。

また次の記事でお会いしましょう!

 

▪️「どんな洋服を買っていいかわからない!」コーディネーターがリサーチしたアイテムをチェック

「シンプルなファッションをしたいが、どんな洋服を選べばいいかわからない」「洋服の失敗が多い」という方のために、コーディネーターの目線でリサーチしたファッションアイテムを「note(ノート)」で毎月ご紹介しています。

詳細を見る

▪️1万人以上の方が視聴するファッション解説チャンネル

YouTubeでファッションを楽しむための思考法、揃えたいアイテム、購入品レビューなどを解説しています。おかげさまで、1万人を超える方にご視聴いただいています。

詳細を見る

 
スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 好きな色の洋服を着たときの、気分の上がり方が尋常じゃないお話
  2. いつものスーツの着こなしを格上げする「ちょっとした」5つのチェックポイント
  3. おいしそうなお料理とステキなファッションの共通項
  4. スマートカジュアルってどんな服装?実際にドレスコードのあるレストランに行ってきた…
  5. ファッションのコンフォートゾーンを打ちやぶれ!

関連記事

  1. センスを磨く思考法

    抵抗を感じる洋服、すぐあきらめる?とりあえず着てみる?

    「いつも同じ服装が落ち着く」傾向がある僕ら男性。毎日異なる洋服…

  2. センスを磨く思考法

    自分のスタイルづくりをするために大事なこととは?

    自分のスタイルを持っている人ってのはカッコいい。軸があるという…

  3. センスを磨く思考法

    無いモノねだりしなくとも僕らはスバラシイ

    今年ももうわずかということで、仕事納めでゆっくりしている方、お仕事の方…

  4. センスを磨く思考法

    バーゲンセールでお買い物するとなぜ失敗するのか?

    さて、今年も残りわずかとなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか…

  5. センスを磨く思考法

    【好きな色を身につけよう】白・グレー・ネイビー以外も楽しもう

    こんにちは、コウヤマです。クローゼットを整理していると、「自分って…

  6. センスを磨く思考法

    本当にコスパが高い洋服ってどんな服なのかを考えてみる

    「コストパフォーマンス」という言葉、何かしらお買い物をする際に考える事…

スポンサーリンク

最新記事

  1. センスを磨く思考法

    【好きな色を身につけよう】白・グレー・ネイビー以外も楽しもう
  2. つれづれなるままに

    もっとスローにファッションを楽しみたい
  3. ユニクロを着る

    ユニクロU2020年春夏、僕が現状購入したアイテム
  4. つれづれなるままに

    モノ消費ってむしろ全然オワっていないと思う理由
  5. つれづれなるままに

    僕らがモノやコトを一人で選べない理由
PAGE TOP